熊野正士参議院議員(本人のFacebookより)

写真拡大

「表に出ると議席が……」と口外しないことを暗に要求

 本誌(「週刊新潮」)が報じた、公明党・熊野正士(せいし)参院議員(57)による、女性へのわいせつ行為と「セクハラLINE」。この際、被害女性は公明党に必死の訴えをしたにもかかわらず、選挙前であることなどを理由に、何の処分もなされなかったことも併せて報じた。すると、公明党は「セクハラ行為について党の側は聞いていなかった」とし、本誌及び同趣旨の記事を掲載した週刊文春を提訴すると発表。これに対し、被害女性は「公明党はうそをついている」と憤慨するのだ。

 ***

【閲覧注意】熊野議員が女性に送ったセクハラLINE 「お尻を優しく触るの」など身の毛もよだつ文言が

 改めて騒動を振り返ると、被害者は関西地方の社会福祉団体で幹部を務める50代独身女性。公明党関係者を通じて熊野議員と知り合い、昨年10月に会った際には臀部を握られる「わいせつ行為」を受け、その後、昼夜問わず熊野議員から身の毛もよだつような「セクハラLINE」が送られてくるようになった(ちなみに熊野議員は既婚者で2人の娘を持つ身だ)。

熊野正士参議院議員(本人のFacebookより)

 今年4月には、夜の11時過ぎに泥酔した熊野議員から電話が来て、卑猥な言葉を浴びせられた。堪忍袋の緒が切れた彼女は、議員を紹介した公明党関係者を通じ、北側一雄副代表に抗議。すると北側氏から電話があり、謝罪を受けた。その際には酔っぱらい電話だけでなく、卑猥な言葉を浴びせられたことも伝えている。翌5月には、山口那津男代表からも電話で謝罪されたが、一方で彼女が「議員を続けてはいけない人です」と伝えると、「それが表に出ると議席が……」と選挙後まで口外しないことを暗に要求された――これが女性の語った被害内容とその後の公明党の対応である。

女性が明かす公明党のウソ

 報道後、公明党は熊野議員について「報道が事実であれば辞職勧告を出す」とコメントを出した一方、口止めについては、電話で山口、北側両氏が謝罪したことは認めたものの、「セクハラ行為については聞いていなかった」とし、いきなり本誌を提訴すると発表したのだ。

 この発表に憤るのは、被害女性である。改めて当時のことを語ってもらうと、

「私は北側さんに被害を訴える際、酔っぱらい電話だけでなく、卑猥な内容があったことについても仲介者にはっきり伝えています。北側さんと話をした際にも、それを伝えています。間違いありません」

「通話時間は56分もありました。北側さんはこの話も当然、山口代表にも伝えたはず。山口さんとの電話の時も、最初からあちらは“この度は申し訳ございませんでした”“重々注意しておきます”と平身低頭でしたから」

 そもそも、酔っぱらい電話だけで与党のナンバー1&2が謝罪の電話を入れるはずがない。深刻な問題だと認識していたからこそ異例の対応になったわけで、うそにしても、もっとうまいうそをつくべきであろう。

セクハラ行為を認識していた証拠が

 さらに、彼女のLINEの中には、公明党サイドが熊野議員のセクハラ行為を認識していたという証拠もある。北側氏からの電話の前日、熊野議員が彼女に送ったLINEにはこうある。

〈Aさん(LINEでは実名)から、大阪府本部の事務長に話が行き、北側副代表にも、肉体関係、結婚を求められているとの話が行っています。議員は辞めないといけないかもしれません〉

 このAさんとは、前出の公明党の関係者で、彼女と熊野議員をつなぎ、謝罪の窓口にもなった人物だ。

「私が仲介者に被害を訴え、その話が公明党の大阪府本部の事務長を介して北側さんに上がった。それを受けて北側さんが熊野さんに事情を聞き、その中身を熊野さんが私に報告してきたのです。それによれば、北側さんは熊野さんが私に肉体関係と結婚を迫っていると認識しているとのこと。で、熊野さんは議員を辞めないといけないと述べていました」

 つまり、このLINEには、熊野議員が性絡みの女性トラブルを抱えていたことが北側副代表に伝わっていた事実がはっきりと記されている。これでもセクハラは認識外と言い張るつもりなのだろうか。

 9月15日発売の「週刊新潮」では、公明党のうそを暴く証拠について、熊野議員から女性に送られたLINE画像と併せて詳しく報じる。

「週刊新潮」2022年9月22日号 掲載