里田まいさん(写真:アフロ)

写真拡大

怪物・マー君の日本球界への復帰が話題だ。2013年シーズンを最後に14年から米大リーグ・ヤンキースで活躍を続けていた田中将大投手(32)が、21年から古巣のプロ野球・楽天でプレーすることが1月28日に発表されたからだ。再び日本で大暴れすることが期待される田中投手だが、その本人の帰国に併せ、やはり、日本で大暴れしそうな人物がいることにお気付きだろうか......そう、田中投手の妻・里田まいさん(36)だ。

里田さんは02年にハロー!プロジェクト内のユニット「カントリー娘。」のメンバーとしてデビュー。09年にハロプロを卒業したのち、10年に田中投手との交際が報じられ、12年3月に結婚。16年に第1子長男、19年には第2子長女を出産しており、アスリートの妻として注目を集め続けている。

その里田さんだが、田中投手の帰国と共に、当然ながら里田さんも帰国することになるだろう。そして、まさにそれこそが、里田さんにとって大きな転機になる可能性があるのだ。

「おバカキャラ」のはずが、いつの間にか「アスリートの妻」に

なお、里田さんといえば、カントリー娘。での活動もさることながら、06年に初出演した「クイズ!ヘキサゴン」(フジテレビ系)の常連メンバーとしてその珍回答ぶりが視聴者の注目を集めていたことも有名だ。当時、その人気はすさまじく、番組内で里田さん、スザンヌさん(34)、そして、20年に芸能界を引退した木下優樹菜さん(33)の3人で結成されたユニット「Pabo」は、同じく番組内で結成された「羞恥心」と共に08年の「第59回NHK紅白歌合戦」に「羞恥心 with Pabo」として出場し、「おバカキャラ」として一世を風靡したのだった。

その後、「Pabo」は11年8月に解散。その5か月後の12年3月に里田さんが田中投手と結婚したこともあって、里田さんに対しては、「おバカキャラ」のまま記憶が止まっている方もいるのではないだろうか。ただ、その後の里田さんは事あるごとに田中投手を支えていることは報道の通りであり、今や、「良き妻」「良き母」としての地位を確立していると言って良いだろう。そんな里田さんが日本に戻ってきたとしたら......「ママタレ化」の道もあるのではないだろうか。

もちろん、里田さんの活躍ぶりはすでにブログやインスタグラムによる情報発信で明らかになっているのは事実である。しかし、日本に戻ってくれば、これに加えて「マスコミの取材を受けやすくなる」という要素が加わるわけである。となると、里田さんの情報発信力はさらに強くなるとみられ、ひいては、それが里田さんの「ママタレ化」を推し進めることになるのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)