※画像はイメージです

写真拡大

 最近、話題にも上がる「AID」(非配偶者間人工授精)。夫以外の第三者から提供された精子を用いた人工授精のことを指しますが、実際にAIDで生まれてきた人たちは、どんな思いを抱えているのでしょうか。ノンフィクションライター・大塚玲子さんから、2回にわたってのレポートです。

【写真】最近では「精子ドナー紹介サイト」などSNSでの取り引きも

 「AID」と呼ばれる不妊治療があるのを聞いたことがあるでしょうか。これは、夫以外の男性から提供を受けた精子を用いる人工授精のこと。日本では 1948 年に慶応病院で初めて実施され、以来 70 年以上行われているやり方です。

 そんな中、夫婦以外の第三者から提供された精子や卵子で生まれた子どもと親の関係を明確にする民法の特例法案が、先週参議院で可決されました。衆議院に送られ、今国会中に成立すると見られています。

 一方で、疑問・不安の声もあがっています。この法案では子どもの「出自を知る権利」は認められず、その知る権利については「今後2年を目途」に検討するとされていることから、提供精子で生まれてきた人たちからは、「一番の当事者は生まれてくる子どもなのだから、もっと自分たちの声を聞いてほしい」という声が聞こえてきます。

 筆者は以前、AIDで生まれた女性たちを取材しました。今回はそのひとり、木野恵美さん(仮名・60代)の話をお伝えしたいと思います。

31歳のときに知り、
「大きく失望」「強い怒り」

 自分がAIDで生まれたことを木野さんが知ったのは、いまからちょうど31年前、31歳のときでした。父親が入院して血液型が合わないことがわかり、ごまかしきれなくなったため、母親が彼女に事実を話したのです。このときの思いを、彼女は手記に、こんなふうに記しています。

「これまでの31年間の自分と親の関係、暮らしてきた思い出が一瞬浮かんで、それがみんな、ガラガラと崩れ落ちました。目の前の空間がゆがんで自分が異次元に行ってしまったような、大きなショックを受けました」

「母に大事に育てられてきたことは十分感じていましたが、私という人間の根幹に関わる最も大切なことについて嘘をつきつづけてこられたことは、大きな不信感となり」

「子どもは親の所有物ではなく、一人の固有の人間であり、子どもが長い一生を偽りの中で生きていくことがどういうことなのか、まったく考えてもらえていなかったことに、大きく失望しました。そして、強い怒りを感じました」(*1 すべて『AIDで生まれるということ』より)

それでも「事実を知れてよかった」

 ただしこのとき、父親と血がつながっていないことだけは「腑に落ちた」といいます。彼女は父親とまったく似ておらず、ずっと関係がよくなかったのですが、AIDの事実を知って「子どもの頃からのいろんなことについて、パズルがはまるみたいな感じ」があったそう。以来、「この人は、血がつながっていないけれど、私を育ててくれた」と感じられるようになったということです。

「やっぱり嘘の中にいたら、関係は作れないと思います。だからもし私がAIDのことを知らないままだったら、父とは断絶してしまっていたかもしれない。事実がわかって納得感があったので、最期まで介護できたんだと思います。だから聞いてよかったと思います、本当のことを」

 木野さんにとって最もつらかったのは、提供者が親せきの男性で、その妻には精子提供の事実が隠されていたことでした。妻は提供に反対だったというので、もし事実を知ったら、どれだけ傷つくことか。そう考えると、自分が生まれてきたこと、生きていること自体が申し訳ない、と感じられてしまったのです。

 その後、20数年経ってライフストーリーワーク(*2)を始め、「信頼できる人にきちんと話を聞いてもらう、言葉にして整理する」ということをしていくうちに、だんだんと自分を責める必要はないことがわかり、ようやく「贖罪の気持ちは手放すことができた」といいますが、それにしても随分長い間、彼女はひとりで苦しんでいたのでした。

「これから先も、そういう状態にならないとは限りませんよね。人生80、90年もあるわけで、いろんな節目に、いろんなことが起こるじゃないですか。何か自分にとってきついことが起きたとき、そこにガッと引き戻されたりするんですよ。生まれというのは、自分の根っこのところなので」

 それほど苦しむのなら、事実を知らないほうがよかったのでは? そう思う人もいるかもしれません。でも木野さんは、やはり事実を「知ってよかった」と話します。

きちんと相談できる窓口がほしい

「本人が知らないままでいるなんて、そんな馬鹿にされることはないだろう、人を馬鹿にするのもいい加減にしろ、というくらいには思います。あなたはどういうふうに生まれた人ですよ、と伝えたうえで、親子としていっしょにやっていきましょう、というのは、少なくともあってしかるべきだろうと思いますし。

 私も何がきついって、いまも本当のことを親せきに言えないんですよね。親せきのなかでは、(精子提供したという事実は)あってはならないことなので。それはやっぱりどこかで『自分の存在自体があってはならない』と、いまでも思わざるを得ないところがあって。

 だからやっぱり、最初にみんなで『子どもをこういうふうに迎えて、家族関係をどうしていこう』と相談してやるのが筋だし、そうしていたら、少なくとも私が繕わないといけない仮面は要らなかった。『本当のところの自分』で生きてこられただろうな、とは思うので。(今後精子・卵子提供で子を持つのであれば)そうしてくれ、と思いますよね」

 今回の法案についてどう思うか尋ねると、木野さんはこう話してくれました。

「野放しでなんとなくずっと進んできたっていうのは、やっぱりよくはないので、きちっとしたものがあったほうがいいとは思っていたんですけれど。正直に言えば、『(第三者が関わる不妊治療は)して欲しくない』という気持ちなんですが、それは現実的ではない、ということももちろんわかるので。

 だとすれば、やっぱり生まれた子どもが尊重されるような形になるべきだと思います。海外のように、きちんと出自を知ることができるといいし、せめてまずは提供精子や卵子で生まれた人が自分がどういう風にして生まれたのかということがわかる仕組みに少なくともしないと、と思います」

 先述どおり、法案の付則では「出自を知る権利」については、「2年をめどに検討」されることになっていますが、これも「本当に、やってくれるの?」と感じているそう。「これまで大体うやむやにされてきたので」、期待したいけれど期待しづらい、という思いがあるようです。

「あとは少なくとも、提供精子・卵子で生まれてきた子どもが相談できる、サポート機関は作ってほしいと思っています。いまも自助グループはあるんですけれど(*3)、やっぱり『当事者だけで』それをやるのはしんどい部分もあって。それぞれ抱えているものが大きいので、やっぱりこの問題に理解のある専門家などとつながって、きちんと相談できる、安心してしゃべれる場所というのを少なくとも作ってほしいです」

 筆者が以前話を聞かせてもらった女性も、自分で自助グループを立ち上げていましたが、確かに負担は大きそうでした。自分も支えが必要な立場でありながら、ほかの人のサポートをするというのは、大変なことです。サポートの場は、当事者たちではなく、このような状況を生み出してきた医療機関や国が用意してしかるべきでしょう。

 次回は、5年ほど前にAIDで生まれたことに気付いた女性(40 代)の話をお伝えします。

*1 『AIDで生まれるということ』(非配偶者間人工授精で生まれた人の自助グループ・長沖暁子編著 萬書房)
*2 「ライフストーリーワーク」/自分の人生のいろいろな出来事や気持ちを、サポーター(信頼できる人)とともに辿りながら整理して自分のものにしていき、過去・現在・未来をつなげていくこと。里親家庭、児童養護施設の子どもや、精子・卵子の提供により生まれた子ども向けのプログラムがある。木野さんが所属する「精子・卵子の提供により生まれた人のためのライフストーリーワーク研究会」では、「精子・卵子の提供により生まれた人とライフストーリーワークをはじめるにあたって」という冊子を制作し、講座などを開いている
*3 「非配偶者間人工授精で生まれた人の自助グループ」(DOG:DI Offspring Group)/AID(非配偶者間人工授精)で生まれた当事者同士が、一人で悩まず互いに話し合える場をつくることを目的として、2005年1月から活動を開始

大塚玲子(おおつか・れいこ)
「いろんな家族の形」や「PTA」などの保護者組織を多く取材・執筆。出版社、編集プロダクションを経て、現在はノンフィクションライターとして活動。そのほか、講演、TV・ラジオ等メディア出演も。多様な家族の形を見つめる著書『ルポ 定形外家族 わたしの家は「ふつう」じゃない』(SB新書)、『PTAをけっこうラクにたのしくする本』『オトナ婚です、わたしたち』(ともに太郎次郎社エディタス)など多数出版。定形外かぞく(家族のダイバーシティ)代表。