東京・八王子市の研修施設で46人が食中毒 ウエルシュ菌を検出

ざっくり言うと

  • 東京・八王子市の研修施設で、46人が下痢や腹痛などを発症した
  • 症状があった研修生の便からは「ウエルシュ菌」が検出されたという
  • 都は、施設で提供された食事によって食中毒が発生したとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x