夏には東京駅にてショップオープンも、流行語から落選

写真拡大

2020年春に話題をさらった4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」、流行語の候補に選ばれず――。2020年11月5日に発表された、「現代用語の基礎知識選2020ユーキャン新語・流行語大賞」の、ノミネート30語に入っていなかった。

「100ワニ流行語に居なくて、あぁ...みたいな感情になってる」
「100ワニあんなに流行ったのに何で流行語ノミネートすらされてないの?」

グッズ情報アカウントと化したSNS

「100日後に死ぬワニ」は、漫画家のきくちゆうきさんが自身のツイッターで連載し、大きな注目を集めた。20年3月に完結して以降も、多くのメディアがその反響を取り上げ、書籍化やコラボカフェ開店と人気は続いていた様子だった。

漫画完結から約8か月。ツイッターには流行語大賞候補からの落選を惜しむ声のほかに「100ワニ、存在自体忘れてた」との書き込みが。最近では話題性が薄れたのは事実だ。それでも「100日後に死ぬワニ」は、実は今も密かに「活動」を続けている。

まず、公式ツイッターは現在も運営中だ。ただし、投稿のほとんどがグッズの宣伝で、数か月前からグッズ情報アカウントと化している。なお流行語大賞候補が発表された11月5日のツイートは、何もなかった。

公式インスタグラムも開設されているが、こちらは20年11月6日時点でフォロワー数400人強。ツイッターと同様に、時候の挨拶を除いてほとんどがグッズの宣伝投稿となっている。

今なお続く「人気キャラ投票」

作品の人気キャラクターを選ぶ投票は、今も継続中だ。コムズが販売する「100日後に死ぬワニ」の菓子「クランチボックス」を購入すると、QRコードから好きなキャラに投票できる。ランキングの状況は、誰でもリアルタイムで見られる。

20年7月21日時点では、第1位は獲得票数71票で「テレビ」だったことを、J-CASTトレンドでは確認している。

では、11月6日現在、ランキングの首位は。

変わらず「テレビ」のままだ。獲得票数は124票で、3か月半の間に50票以上伸ばしていた。

2位は主人公の「ワニ」で76 票。7月の時点では67票だったため、上積みは9票で、テレビに大きな差をつけられる結果となった。第3位はネズミで、7月と変わらず28票のままだった。