iPhone SE(第2世代)をiOS 14にするとRakuten UN-LIMITで一部通話が着信できない不具合!

楽天モバイルは25日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」における正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )にてスマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第2世代)」(Apple製)を最新プラットフォーム「iOS 14」にアップデートすると一部機能が利用できない可能性があるとお知らせしています。

利用できなくなる可能性のある機能は「Rakuten Linkによる着信通話(固定電話および海外からの着信)」および「通常ダイヤラーによる着信通話(他キャリア携帯、固定電話および海外からの着信)」とのこと。

そのため、同社ではiPhone SE(第2世代)でRakuten UN-LIMITを継続して利用する場合はiOS 14へのアップデートは控えるよう案内しています。また同社では他の「iPhone 11」や「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、「iPhone XR」、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」では同様の問題は確認されていないとのこと。

なお、iOS 14はその後、日本時間9月25日に不具合を修正するiOS 14.0.1がリリースされていますが、筆者が確認した限りではiPhone SE(第2世代)をiOS 14.0.1にしてRakuten UN-LIMITのnanoSIMカードを装着した場合にY!mobileから通常ダイヤラーによる着信ができなかったため、本事象は解消されていないと思われます。


楽天モバイルではiPhoneシリーズについて公式にはRakuten UN-LIMITが使える「楽天回線対応製品」には認定していませんが、公式Webサイトにおいて対応状況確認を行った製品としてiPhone SE(第2世代)を含む各iPhoneを掲載しており、iPhone XSシリーズ以降についてはSIMフリーモデルおよびSIMロック解除済みの場合には一部機能が利用できることを掲載しています。

iPhone SE(第2世代)についてもiOS 13.4.1にて一部機能となるデータ通信および通話、SMS(楽天回線)で利用できることが案内されていますが、今回、iPhone SE(第2世代)をiOS 14にアップデートした場合に一部通話の着信が行えない可能性が発生しているということです。なお、筆者は物理SIMカードのnanoSIMカードで確認しましたが、eSIMでも同様となると見られます。

iOS 14.0.1にアップデートしたiPhone SE(第2世代)にRakuten UN-LIMITのnanoSIMカードを装着した状態で、このiPhone SE(第2世代)宛にY!mobileから発信した場合に「電波の届かない場所〜」という案内が流れて着信できない状態となりました。なお、その後、着信があったことがSMSで届いたので、まったく着信に気づかないといったことにはならなそうですが、電話として着信するような使い方をしている場合はiOS 14に当面はアップデートしないほうが良さそうです。


iOS 13.4におけるiPhone SE(第2世代)のRakuten UN-LIMITにおける対応状況確認結果




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・楽天モバイル 関連記事一覧 - S-MAX
【重要】iOS 14 アップデートに関するご注意 | 緊急告知 | 楽天モバイル
楽天モバイル