独自のゲームとの付き合い方を話したプロゲーマーのメルトン

写真拡大

 プロゲーマーのメルトン(MeLton)が、香川県で成立したゲーム条例(香川県ネット・ゲーム依存症対策条例)を受けて、独自のゲームとの付き合い方を話した。

【写真】ゲーム依存はどのようにして起こる?

▼ゲーム条例って? 香川県議会は18日、子どものインターネットやゲーム依存症対策として、利用時間「1日60分まで」を目安としたルール作りと順守を家庭に求める全国初の条例を可決、成立。来月1日に施行される。保護者には、子どもと話し合ってスマートフォンなどを使用する際のルールを作るように求める。

 ラジオ番組内で「ゲームをし過ぎて、勉強ができない」という中学3年生からのおたよりに「ゲームは飽きるまで、やりたいだけやるのが大事」と答えた。「そうすればゲーム自体が、誰かの作った箱庭であると気づき、ゲームという“遊びの世界”を理解するようになる」と持論を展開した。

 その上で、今のオンラインゲームについては「開発者がお金を儲けるため、飽きないためにいろいろな仕掛けを追加してきたりするんだけど、そういうこともだんだんと大人になってくると“遊びの世界”だということを理解するし、いずれ何かがわかって飽きる」と、経験を踏まえながら話した。

 メルトン自身も、「心が命じたことには逆らえないし、ゲームをしたいという気持ちに逆らうのは難しいなかで、誰かに規制されるのではなく、自分が突き付けて飽きるほどやりたいだけゲームをすることで、その境地に気付いた」として、「やめる必要はない。やりたいだけやって、そこで気付ければ」とメッセージを送っていた。

◆MeLton(メルトン) マルチゲーミングチーム“シリウスゲーミング”のレインボーシックスシージプロゲーマー。 Youtubeチャンネル「MeLton&メルトン」の運営者で、登録者数約18.3万人、twitterフォロワー6.9万人、Instagramは1.1万人を達成。奇抜なキャラクターと動画編集でレインボーシックスシージの動画では1〜2位を争う人気Youtuber兼プロゲーマー。2歳の頃から親の影響でFPS(ファース トパーソンシューティングゲーム)をはじめ、格闘ゲームやRPGゲームなど分野にとらわれず、様々なジャンルのゲームができる。兵庫県のラジオ関西の冠ラジオ番組『メルトンの膝で呼吸するラジオ』は、毎月第4土曜日の26時(日曜日午前2時)から放送。3月は28日の深夜にオンエアされるほか、同局YouTubeチャンネルでも公開される予定だ。なお、番組タイトルにある「膝で呼吸する」とは、自身のゲームでの得意技、「シューティングゲーム内で相手の球を避けながら射撃する=『屈伸打ち』」から来た言葉。

(まいどなニュース/ラジオ関西)