【箱崎みどり】三国志ファン唖然、のちに感動…『パリピ孔明』とは何者か? マニア垂涎のエピソードが次々と!

写真拡大 (全2枚)

あまりの三国志好きが高じて『愛と欲望の三国志』(講談社現代新書)を著したニッポン放送アナウンサー・箱崎みどりさんは、「コミックDAYS」で連載中の漫画『パリピ孔明』に感銘を受けました。ネットでも話題沸騰の『パリピ孔明』が超絶面白い、その理由とは何でしょう? 外出の機会が少なくなっている方も多いと思いますが、家でも楽しめる三国志漫画をご紹介します。

2019年最大の衝撃

話は、2019年の大晦日にさかのぼります。

私は、「コミックDAYS」という漫画アプリを愛読しているのですが、そこで「パリピ孔明」という驚きの文字を目にしました。

2019年最大の衝撃が、最終日に待っていたなんて!

孔明といえば、三国時代、蜀の劉備に仕えた人物で、圧倒的な知力に、無比の忠誠心、さらに高潔な人格まで併せ持つ、完全無欠のスーパー軍師。白羽扇と綸巾(帽子)がトレードマークです。

真面目を絵に描いたような人物と、近年はやりのパーティー・ピープルの略称「パリピ」、この意外すぎる組み合わせに目を疑いました。

ゲーム『真・三國無双』で、孔明が白羽扇からビームを放った時にも驚きましたが、その”ビーム孔明”を上回る衝撃、”パリピ孔明”。イラストでは、渋谷の象徴「109」(マルキュー)をバックにした孔明が、おなじみのスタイルそのままに、レンズが星型になったキラキラするサングラスをかけています。

「名軍師・孔明、渋谷に転生!」……このアオリだけでは、何が何やら。

ここで、三国志ファン歴25年、青春時代に孔明のポスターを自室に貼り、「人形劇三国志」の孔明のセリフをカセットテープに録音し、孔明についての論文を書くほど、孔明が大好きな私の頭によぎったのは、決してポジティブな展開ではありませんでした。

それでも、三国志を熱心に研究する者として、そして、「コミックDAYS」の熱心な読者として、1話、そして2話を読んでみたところ、すぐに陥落しました。先入観という私の城は、力強い『パリピ孔明』の前に、見事に打ち砕かれたのです。

孔明、クラブに降臨

私にとっての孔明といえば、登場と共に物語が華やぎスケールアップする英雄であり、志半ばで病に倒れる悲劇のヒーロー。

鮮やかに策をズバズバ決める、惚れ惚れするような有能さと、劉備たちが亡き後、一人で蜀を追って立つ孤独や、どこか不器用にも見える真面目さが同居する、多面的な魅力を持つキャラクターです。

そんな孔明が、どう表現されているのか。『パリピ孔明』のストーリーを少し説明しましょう。

古代中国、五丈原で本来の人生を終えた直後、若い時の姿で現代の渋谷に降り立った孔明は、地獄だと思い込んだまま、ハロウィンで盛り上がるクラブに迷い込み、駆け出し歌手のEIKOと出会います。

EIKOの歌声に感銘を受けた孔明が、海外の大きなフェスに出るというEIKOの夢を叶えるため、音楽界を舞台に、軍師として様々な計略を張り巡らせる、というお話です。

『パリピ孔明』を読む中で、私が最初に「これはすごい漫画だ!」と感じたのは次のシーンです。

(ここからネタバレを含みますので、興味を持った方、また、三国志をお好きな方は、ぜひ、新鮮な気持ちで、『パリピ孔明』をお楽しみくださいませ。三国志好きが「こう来たか!」「ここを取り上げるなんて!」と唸らされること請け合いです)

泣いて馬謖を斬る

まず仕事からと、EIKOに斡旋されてクラブのアルバイトの面接を受けた孔明は、三国志好きのオーナーから、「なぜ馬謖を街亭の守りに就かせた?」と尋ねられます。

この時点で孔明は、自分のことを孔明だと言い張るコスプレ男だと思われているのですが、「孔明だと言うなら答えられるだろう?」と重ねて問いかけられます。

おわかりでしょうか? 

この問いは、「泣いて馬謖を斬る」という諺のもとになったお話。孔明が重要地点・街亭を任せた馬謖という武将が、孔明の意に反し命令を破ってしまい、その結果、蜀軍は街亭を失い、大敗を喫するというエピソードです。

馬謖を登用したのは、孔明の過ち、今風に言えば、孔明の任命責任だと考えられています。

この質問自体が、孔明ファンが何度も「あそこで何故孔明は、実戦経験が乏しい馬謖に重要地点を任せたのか……!」と、悲しく、悔しく思い返すものなので、聞きにくいけれども孔明に聞いてみたいこと。

「いきなりなんてことを!」と、私は孔明の心中を思いやりながらも、一方で、「オーナー、よくぞ聞いてくれました!」と心の中で拍手を送りましたし、さらに、それを受けた孔明の静かな答えは、孔明自身も、後から苦い思いで、何度も何度も考えたのではないかと感じさせる切ないものです。

三国志好きをうならせる

その後に続く、クラブの音楽のテンポと、張飛の飲み方のテンポを重ね合わせる、蜀軍の日常を感じさせるエピソードや、率直な意見や素直な感想をストレートに伝えようという、戦乱の中に散る命をたくさん目にした前世の悔恨を元にした行動原理、バイト初日にマニュアルを読んだだけでバーテンダーの仕事をマスターする孔明など、現代の渋谷にあっても、孔明の行動の全てが、孔明らしさに溢れています。

『パリピ孔明』の孔明は、まさに、三国志好きが愛する孔明そのもの。

その視点で1話を読み返すと、「スマホを借りて4時間で、Wikipediaの自分の項目を見つけるほど使いこなしている孔明」「転生して一晩で、履歴書を手に働き口を求めて動く孔明」など、お話を動かす行動も、ギャグ的な要素も、真面目さと有能さに溢れていて、『三国志演義』からイメージされる孔明らしさ全開です。

そして、『パリピ孔明』のさらなる魅力の一つが、孔明の策略です。初めは、EIKOと人気歌手MIAの対決で孔明が暗躍します。『三国志演義』にあるミステリアスな計略、巨石の配置で、一度入った敵が二度と出られなくなってしまう「石兵八陣」が、渋谷のクラブに出現! 人々の動きを操ります!

(作中では、三国志好きのオーナーが、「三国志」を知らなくても分かる完璧な解説をしてくれるのでご安心ください)

私は、今読めば荒唐無稽なところもある『三国志演義』を、現代の作家たちがどのように解釈し、合理的にアレンジしているかも研究しているのですが、現代化がすんなりハマった、こんなに見事な翻案には、なかなかお目にかかれません。

例えば、吉川英治『三国志』では、陣自体の謎には踏み込まずに、「石兵八陣」を仕掛けられた呉の陸遜が撤退したのは、魏が呉へ侵攻の予兆を見せていたからだ、と説明しています。

「石兵八陣」を使ったこのエピソードで、『パリピ孔明』への私の信頼度は、100%を超えました。

その後も、孔明が見せる様々な策略は、『三国志演義』を踏まえつつ、現代の音楽シーンに見事にハマっていくので、三国志が好きだけれど、でもまだ抵抗があるという方は、騙されたと思って、まず3話まで、ぜひ読んでみてください。

(ちなみに、2話の冒頭の孔明のセリフにある「母の茶を買いたいと願う実直な青年」は、吉川英治が創作した劉備のエピソードです。孔明なら、一晩で吉川『三国志』を読んだうえで、それを踏まえていそうです)

同時代に生きる者の特権

私が、三国志好きが絶対に『パリピ孔明』を読むべきだと思う理由、それは、三国志へのリスペクトがページの端々から感じられるから。「何だか違う……」という違和感が生じにくい漫画だと思います。

貶められたり、茶化されたりする心配なく、孔明が、また、三国志のあの策略が、現代ならどうなるのか、という想像を存分に楽しむことができます。

この素晴らしい『パリピ孔明』を生み出した、原作者の四葉夕卜先生は、かなりの三国志フリークだと私は踏んでいるのですが、答えは孔明が矢を借りた日の長江のように霧の中。逆に、三国志を題材に選んで、一からリサーチしての作品だとしたら、ファン心理を摑む勘所の良さに驚くばかりです。

多くの作家たち、クリエイターたちが、その時々の時代に合わせてよみがえらせようとしてきた、三国志の登場人物たち。その中でも孔明は、江戸時代には、借金を背負わされたり、遊女と重ねられたり、義経と碁を打たされたりしてきました。

2020年らしい、最新の孔明が『パリピ孔明』で手軽に読めるのは、同時代に生きる者の特権です。連載を追うなら今のうちですし、来月8日に発売予定の単行本1巻を読めば、すぐに追いつけます! 私と一緒に「渋谷に生きる孔明」を見守りましょう!

……ちなみに、これまで三国志が日本でどのように愛されてきたか、いかに謎の情熱をぶつけられてきたか、その歴史は、拙著『愛と欲望の三国志』をお読みください。『パリピ孔明』にひけを取らない、ぶっとんだ三国志の世界が、あなたを魅了することでしょう。

※この文章は、決して講談社からの依頼ではなく、一ファンとしての私が、自発的に書かせていただいていることを明記しておきます。


拡大画像表示