景品取れないクレーンゲーム機設置 運営会社に4100万円脱税容疑も

ざっくり言うと

  • 大阪市のゲームセンター運営会社とその社長が、地検に告発されていたと判明
  • 法人税など計約4100万円を脱税した疑いで、すでに一部は納付済みだという
  • 同社は景品が取れないゲーム機を置いて客から金を詐取し有罪判決が出ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x