18億円投入のサイバー対策、使わず廃止「ニーズの把握が不十分だった」

ざっくり言うと

  • 総務省が2017年度から約18億円をかけて導入したセキュリティーシステム
  • 一度も使われないまま3月に廃止されたことが、会計検査院の調べで分かった
  • 総務省は「ニーズの把握が不十分だった」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング