フランクフルトの長谷部 photo/Getty Images

写真拡大

ルカ・ヨビッチがレアル・マドリードへ、セバスティアン・ハラーがウェストハムへ。昨季ヨーロッパリーグでベスト4入りと躍進を果たしたフランクフルトは、攻撃の柱を2人も引き抜かれてしまった。しかも2人と強力3トップを築いていたアンテ・レビッチにも他クラブからの関心が伝えられており、フランクフルトにとっては苦しい夏となっている。

そんなフランクフルトを引っ張っていく選手は誰なのか。ヨビッチとハラーの退団は痛いが、誰かが新たなフランクフルトを引っ張っていかなければならない。そこで独『Sport.de』は、サポーターに「フランクフルトで最も重要な選手は誰か?」とアンケートを取っている。

当然このアンケートからは退団が決まったヨビッチとハラーは抜けている。候補者に挙げられたのはレビッチ、MFフィリップ・コスティッチ、DFダビド・アブラハム、そしてMF長谷部誠の4人だ。

アンケートの結果、アブラハムが7%、コスティッチが23%、レビッチが26%、そして長谷部が44%で最多だった。長谷部は昨季もリベロとしてフル稼働したが、その重要性は新シーズンも変わらない。ピッチ上のパフォーマンスはもちろん、チームを束ねるリーダーとしても長谷部だけは絶対に欠かせない選手と捉えられているのだろう。主力退団にフランクフルトがどう対応していくのか興味深いが、長谷部がリーダーという構図は続きそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/