小室哲哉氏が明かしたKEIKOへの再プロデュース願望「お手伝いをしたい」

ざっくり言うと

  • 離婚発表から1週間後の小室哲哉氏を「女性自身」が直撃した
  • 元妻KEIKOに対し、必要であれば音楽活動の「お手伝いをしたい」とコメント
  • 不義理を働きながらも、再プロデュース願望を明かしていたという
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド