KARA ジヨン&超新星 ゴニル、熱愛説に対して「事実無根」公式立場を明かす

写真拡大

KARAのジヨンと超新星のゴニルの熱愛説が日本のメディアによって報じられた中、両側が「事実無根だ」と否定した。

ジヨンの所属事務所であるDSPメディア側は本日(20日)、マイデイリーとの電話取材で「二人の熱愛説について聞いた。昨年から出回っていた噂だ」と伝えた。

この関係者は「公式立場を表明するのは難しいが、事実ではないと聞いた」と熱愛説を否定した。

超新星の所属事務所側も「ゴニルとジヨンの熱愛説は事実無根だ。二人は昔からの知り合いで、日本のドラマでも共演したが熱愛ではない。さらに、ジヨンがKARAから脱退することとは全く関係ない」と明かした。

続いて、「その熱愛説は昔から出回っていたもので、事実ではないチラシ(証券街に出回る情報紙)のような内容が報じられたと思う」と付け加えた。

日刊サイゾーは19日、「海外留学したいのは彼氏の影響?KARAからまたひとりメンバーが脱退」というタイトルの記事を掲載した。

このメディアは、韓流の裏も表も知っているスペシャリスト3人がリレー形式でとっておきの極秘ネタから、先取りしたい注目スターまでをこっそり教えるというコーナーでこのような内容を提起した。

日刊サイゾーによると、二人は昨年10月から熱愛説が浮上した。2人はテレビ東京のドラマ「恋するメゾン。〜 Rainbow Rose 〜」とジヨンのソロ曲「Wanna Do」で共演したのが縁になったということだ。

日刊サイゾーは「ジヨンが留学を決めた理由は、ドイツで生まれて留学の経験のあるゴニルの影響か?とファンをやきもきさせた」と掲載した。