5日にナポリ戦を迎えるインテルに朗報が届いた。MFエステバン・カンビアッソ、MFフレディ・グアリン、DF長友佑都に続いて、FWアントニオ・カッサーノも練習に復帰したのだ。カッサーノはナポリ戦でベンチ入りする可能性がある。

いずれにしても、インテルはGKルカ・カステッラッツィ、DFイブラヒマ・エムバイェ、DFマティアス・シルベストレ、DFワルテル・サムエル、MFハビエル・サネッティ、MFワルテル・ガルガノ、MFデヤン・スタンコビッチ、MFガビ・ムディンガイ、FWディエゴ・ミリート、FWロドリゴ・パラシオが離脱中。アンドレア・ストラマッチョーニ監督に選択肢はあまりない。

一方、レアル・マドリーMFルカ・モドリッチの代理人、マリオ・マミッチ氏は、『tuttomercatoweb.com』のインタビューで、同選手のイタリア移籍を否定した。モドリッチはレアル残留を望んでいるという。

「インテルは良いチームだが、ルカはレアルに残ることを望んでいる。(マテオ・)コバチッチとモドリッチが良い関係なのは知っているが、クロアチア代表で一緒にプレーするだけだろう。ルカが望んでいるのはレアルだけであり、出ていく可能性はまったくないからだ」