日本の大学・学部の中で最も受験偏差値が高いのが、東京大学医学部医学科に進学する「東京大学理科稽燹廚澄受験競争で上位100番目以内に入る英才ばかりが集まるエリート集団で、卒業生は日本の医学界の頂点に君臨してきた。

 だが、医学部教授になれる卒業者が減っており、研究でも京都大学や大阪大学に後れを取っていると指摘されている。その背景には、「英才たちをスポイルしてしまう、旧態依然とした東大医学部の実態がある」と、東大医学部OBで受験のカリスマとしても知られる精神科医・和田秀樹氏は指摘する。

 東大医学部にどんな問題があるのか、『東大医学部』(ブックマン社)の共著者、ジャーナリストの鳥集徹氏と語り合った。(全3回の1回目/#2、#3に続く)


©iStock.com

◆◆◆

なぜ医師になると勉強しなくなるのか?

鳥集 ある有名なクリニックの院長に取材した時のことです。その院長が「今の医者は勉強しない」と嘆くんです。和田先生もこの本のあとがきでお書きのように、高齢社会の現状を踏まえれば、学会のガイドライン通りの厳し過ぎる血糖値、血圧、コレステロール値の基準値には多くの人が疑問を持つはずです。ところが、勉強しないから医師がガイドライン通りの診療しかしないと言う。

 ただ、常々不思議に思っていて、今の医師の多くは中高一貫校の出身で、その中でも上位の成績だった人が医学部に合格したはずです。つまり、決して勉強が苦手ではないはずなのに、なぜ医師になったとたん勉強しなくなるんでしょうか。その理由を聞いたら、その医師の元にたまたま勉強に来ていた若い医師が口を挟んでくれて、「私らは受験で勝つことを目標に勉強してきたから、医学部に合格したらもう勉強をする必要はないんです」って。そのような現実はあると思いますか?

和田 可能性はあります。たまに「鉄緑会」出身の人と仕事したり話したりすると、言っちゃ悪いけど、勉強はできても考え方が硬い。鉄緑会は超詰め込みの塾だから、勉強がおもしろくなくなってしまう。でも、先生の言うことを信じて猛勉強してきた人たちだから、医者になってからも「総コレステロール値が高めの人のほうが低い人より長生きしている」という、ガイドラインにないような事実が受け入れられないんです。

 それを考えても、ある程度、大学に入ってから頭をほぐしてあげないと。昔は、それなりに頭の柔らかい学生が東大医学部に入ってきたんですが、今は東大理靴貌る人の約6割が「鉄緑会」出身ですからね。

現場はガイドライン通りにはいかない

鳥集 「鉄緑会」というのは、東大医学部の同窓会である「鉄門倶楽部」と東大法学部の自治組織「緑会」を合わせてつけた名前で、開成、筑駒(筑波大学附属駒場高校)、桜蔭、灘など超進学校の生徒たちしか入れないエリート塾です。とにかく宿題が多いことで有名なのですが、上から言われて大量の課題をこなすことが得意な人たちが入ってくると、医学部でも上から言われたことをそのまま受け入れる。そうすると、和田さんが批判しているような、問題のあるガイドラインを拡大再生産していくだけになるということですね。

和田 そうです。上司に言われたことは疑わないし、肩書にも弱い。「ガイドラインに書いていることはおかしいんじゃないか」って指摘する医師がいても、医学部教授の肩書がない人の本は読まない。でも現実は、患者さんはみんな違っていて、ガイドライン通りにはいきません。

 私の専門である精神科の診療もそうですし、がん治療でもガイドラインでは手術や抗がん剤をすることになっていても、年齢や体力、その人の生活環境や価値観などによっては、やらないほうがいいこともあります。リアルな現場の判断が正しいのか、それとも偉い先生の言うことのほうが正しいのかといったら、私は現場の判断のほうが正しいと思います。

鳥集 やはり、受験勉強がダメな医師を生んでいるのでしょうか。

受験勉強の“意外な効用”

和田 いや、それは違うんです。医者の世界で受験勉強の効用が一つあるとしたら、そのおかげで日本は医療ミスが少なくなっている。実際には、表沙汰になっている以上の医療ミスはあるはずですが、表向きは海外に比べてきわめて少ない。それは日本人のまじめな性格のおかげだとよく言われるんですが、それだけでなく、受験勉強でミスをよくする人は偏差値が上がらないので、医学部には入れないこともあると思うんです。

 近年、文科省はAO制度の導入など内申点を重視しろという方針を打ち出していますが、それだとブルペンではいい球を投げるけど、本番では打たれるような学生が来てしまう。内申点が高い人は実力があるというんだけど、私はまったく反対で、そんなことをしたら、本番で細心の注意を払わない人ばかりが入ってきてしまう。

鳥集 受験勉強で高得点を獲れる人が医師になるというのは、ある意味、合理的であるというわけですね。

和田 そう思います。ただし、受験勉強でミスが少ない生徒がノーベル賞級の研究ができるかというと、それはまた別の話です。私は教える人さえ優秀なら、東大医学部の学生は伸びると思うんです。ところが今、なぜ『東大医学部』という本を出したくなったかと言うと、教授たちの考え方があまりにも古いから。

 たとえば、これだけ高齢者が増えているのに、東大医学部は、いまだに「臓器別診療」の発想から抜け切れてない。自分の権威だけ、自分の城だけ守っていればいいという人が東大医学部の教授になって、「これからもっと高齢者が増えるんだから、よその科の勉強もしないとね」とか、「高齢者は心が体に与える影響も大きいから、精神科と連携しないとね」という教授がほとんどいないんです。

テストで高得点が取れる能力の正体

鳥集 さっき、医療ミスをなるべく犯さない医師を育てるためには、やはりある程度受験で高得点を獲れる人のほうがいいというお話でしたが、同じ東大の理系でも3年生から医学部医学科に進学できる理靴帽膤覆垢襪砲蓮⇒機兵腓僕学部や工学部など理工系に進学)、理供兵腓貿棲愽瑤簗学部など生物系に進学)に比べて、入試で60〜80点も高い得点を獲らないと入れません。やはりそれくらい高い点数が必要なのか、それとも医師になるのには不必要か、どう思いますか?

和田 高い点数が獲れるに越したことはないんだけど、鉄緑会のような塾がなかった私らの時代だと、よほどの天才でない限り、独力でなんらかの勉強法を工夫している生徒しか理靴砲脇れなかったんです。ところが今は、その60点、80点が中1の頃から塾で詰め込んできた勉強の差になっている。それが危険だと思っているんです。

 昔なら、たくさん点を獲れるということは、それだけ自分で勉強の工夫をしてるということ。「学校の先生の言う通りやってたら、こんな高い点は獲れないから自分で工夫する」という経験がとても大切なんです。企業が東大出の人たちに求めるのは、よく地頭のよさだと言われるんだけど、ちょっと違っていて、勉強のやり方を知ってるということだと私は思います。

鳥集 教科書を一通り読むと全部内容が頭に入って、テストで満点をとってしまう、いわゆる「サヴァン」と呼ばれるような、生まれつき頭脳が飛び抜けて優れている人がいますよね。そのような人が社会に貢献できる場所はもちろんあると思うんですが、東大医学部に行くべきかどうかというのは、また別の話ですよね(※サヴァン=コミュニケーションが苦手など発達に障害がある一方で、特定の分野で突出した才能を発揮できる人のこと)。

和田 おっしゃる通りで、東大医学部を出てから起業して成功した人や、医師や研究者として優れた業績を残した人たちを見ていると、サヴァン的な能力が高いというよりも、困難な課題や環境を与えられたときに問題を読み解き、課題を解決していく能力が高いんです。

能力のある人材を東大医学部がダメにしている

鳥集 ところが、そういう能力のある人たちを、東大医学部がダメにしていると和田さんはおっしゃっている。

和田 そうです。昔から東大医学部には全共闘的な反体制の医者と、教授にヘコヘコついていく医者がいました。反体制的な医者の代表が、長野の地域医療を切り開いた「農村医学の父」と呼ばれる佐久総合病院の故・若月俊一先生や、諏訪中央病院の故・今井澄先生のような人たちです。高齢者が多い農村の中で、しかも少ないマンパワーで患者さんを診なければいけない悪条件の環境を、自らの力で克服していった。東大医学部を出ている頭のよさがそこで発揮されるんです。

 私は今年60歳になるんですが、時代背景を言うと、学生時代は全共闘が本格的に敗北した頃なんですね。でも、それまでは全共闘が勢力を持ち、医局講座制に反対する人たちのほうがマジョリティだった。だから昭和40年代卒の偉い先生でも、医学博士号を持ってない人が結構いるんです。ところが、私らが学生の頃から、「左に行くのは変なヤツ」という見られ方をするようになって、全共闘運動の反動じゃないかと思うんだけど、医局にしがみつく医者がすごく多くなった。

鳥集 一方で、反体制的な考えを持っていた医師たちは、こんな権威主義的なところにいられないって、大学を出て行ってしまった。

和田 そうです。もちろん反体制だった人でも、いい業績を残して他大学で教授になった人がいるんですが、東大医学部では教授にはなっていません。

既成の概念をぶっ壊せ

鳥集 部外者から見ると、東大医学部を出た人は素直にすごいと思います。その人たちに対して社会が求めているのは、普通の人にはできないような仕事をして、社会に貢献してほしいということです。しかし、和田さんのお話を聞いていると、「現代は高齢社会だから、医局講座制の壁を越えて、高齢者医療の研究や体制をつくるべき」といった発想が、東大からは出てこない。

 実は東大には以前から老年病科があるので、高齢者医療には伝統があるはずです。高齢になると高血圧や糖尿病だけでなく、がん、心臓病、脳卒中、運動器障害、認知症、うつ病、睡眠障害なども増えますから、いろんな診療科の医師が協力しなくてはなりません。しかし、そのような動きは東大には見えませんね。

和田 そうです。老年病科みたいな中途半端な診療科をつくるよりは、高齢者医療センターをつくって、いろんなところから医師を集めてくるようなことをしないとダメなんです。ところが、ある時期から日本老年医学会が、日本内科学会の傘下におかれた。それまでは認知症を研究している精神科医も老年医学会に所属していたんですが、内科に支配されることになって、居場所がなくなった。

鳥集 本来はピラミッドが逆ですよね。老年医学の中に、内科も精神科もあるべきなのに。

和田 つまり、「老年医学」という発想から、「老年内科学」に変わってしまったんです。年を取るほど心の影響が大きくなるし、認知機能も落ちてくる。身体機能も含めて、高齢者を全人的に診るには色んなことを考えないといけないんだけど、日本というのは変な国で、臓器別の専門分化した診療科のほうが上に見られてしまう。たとえば総合診療とか、免疫学だとか、精神医学もそうですが、全人的に診る考え方は、なぜか学会では軽視される。

鳥集 東大医学部の人たちには、むしろ既成の概念をぶっこわしてほしいですよね。それができてないんだとしたら、すごく残念です。

(#2に続く)

ノーベル賞受賞者は未だゼロ なぜ「東大医学部」から“本当の天才”は出てこないのか? へ続く

(鳥集 徹,和田 秀樹)