今も昔も、仲良しのカップルや夫婦の間でよく女性側から投げかけられる「仕事と私、どっちが大事?」という質問。男性諸君なら、誰もが一度は返事に困った経験をお持ちではないだろうか。実際、世の男性たちは何と返答しているのか気になる。ここではビジネスマン300人にアンケートを実施し、その中で同様の質問を受けたことがあるという男性約250人に答えを聞いてみた。

「仕事と私、どっちが大事?」の正解は何か

○「仕事」が18.7%、「私」が60.2%

気になる集計結果は、「私」と答える人が60.2%と「仕事」よりも多いことがわかった。確かに「仕事」と答えたときの女性の反応が恐ろしい気もする……。にちなみに「その他」と回答した人も21.1%と多い。気になる回答理由も次項で見ていきたい。

「仕事」が18.7%、「私」が60.2%

○「私」と答えた人の回答理由

回答理由の大多数を占めたのが、「家族が大事だから」「パートナーのことが好きだから」「仕事は変えられても、パートナーは変えられない」といった愛に溢れた意見。一部では「『私』と答えた方が平和」「女性を怒らせたくない」という声も。

「生活がうまくいくから」

「仕事は変えられるから」

「家族のサポートがあってこそ働けるから」

「仕事より人間のつながりの方が強いと思うから」

「家族あっての自分がいるから」

「プライベートの充実を図るためには、こう答える」

「家庭を壊してまで仕事したくない」

「当たり前だと思います」

「家族優先です」

「何のために生きるかを考えた時に仕事のためではない」

「『私』を幸せにするための『仕事』」

「女性を怒らせると面倒だから」

「会社は最期まで面倒をみてくれない」

「プライベートを大切にしていきたい」

「嘘も方便です」

○「仕事」と答えた人の回答理由

「仕事をしないと生活ができないから」というのが大多数。「パートナーを養うためには仕事が必要」という現実的な意見が多く寄せられた。中には「もう奥さんに愛がないから」という寂しい声も……。

「仕事が好きだから」

「どちらも大事だが、自分のことを考えたら仕事だと思うので」

「きっと仕事に対する理解が足りないと思うから、あえて『仕事』」

「仕事をしないと養えないから」

「生きていくためには仕事が大事で、仕事あってのパートナーだと思うので」

「生活できなくなったら困る」

「生活のため。裕福なら私と答えるでしょう」

「今では妻に愛情がないから」

○「その他」と答えた人の回答理由

その他を選んだ理由は「どちらも大事だから決められない」という考えのため。そのほか、「そんな質問をされると怒りがわく」「天秤にかけることが許せない」といった憤りの意見も多々見られた。

「相手と仕事を天秤にかけることは許せないから」

「パートナーの就業状況による」

「本音が『仕事』であったとしても『私』とウソをついてほしいはず」

「答えはない」

「決められない」

「すべてを大切にすればいいだけ」

「仕事なしでパートナーを幸せにできないし、パートナーなしで仕事を頑張れない」

「ケースバイケース」「どちらも欠かすことができないから」