天皇皇后両陛下は、伊勢神宮ご参拝などのため11月21日から三重県を訪問される。「即位の礼」の締めくくりとして祝賀パレードに臨まれたご様子から、コラムニストの矢部万紀子さんは、雅子さまの「強さ」と「アマチュア精神」を感じたという。

【写真】天皇陛下は右、雅子さまは左に顔を向けられて

フリルで表現された、雅子さまの「強さ」

 天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列の儀」をNHKで見た。午後3時から1時間の生中継は、視聴率が27.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったという。

 雅子さまは、ローブデコルテの上にフリルのあしらわれたジャケットをお召しだった。秋の日差しにティアラが光り、雅子さまの笑顔も輝いていた。休むことなく手を振り続け、時に涙ぐまれた。陛下と会話をされる様子も、たくさん映った。

 中継を見ながら、雅子さまについて二つのことを思った。一つは雅子さまの強さ、そしてもう一つは「アマチュア精神」についてだ。


祝賀御列の儀 ©JMPA

 雅子さまはフリルがお好みで、とてもよく似合う。10月22日の「饗宴の儀」でも、襟元がフリルのロングドレスをお召しだった。パレードでのジャケットは襟元に二重、三重のフリル、そこから徐々に小さくなり裾まで続く。そんな華やかなデザインだった。

 平成の「即位の礼」で美智子さまは、パレードも饗宴の儀も「ケープ型」の装いで臨まれた。パレードではケープ型のジャケットを、饗宴の儀では足元まで届くケープ型の透ける素材を、それぞれドレスの上に重ねられていた。フリルとケープ、そこにお二人の「皇后」の違いが端的に表れていると思う。

 ケープとは、身を包むものだ。身を隠すもの、とも言える。陛下と行動される時の美智子さまに、気配を消しているようだと感じることがあった。自ら主張をしない。主張しないことを主張する。そのような意志を読み取れるようなデザインで、実に美智子さまらしいと思う。

 その点、フリルは強いデザインだ。華やかさのある分、似合う人を選ぶ。フリルに負けない強さがあって、初めて着こなすことができると思う。雅子さまは26年前、「結婚の儀」の後のパレードでもフリルのジャケットをお召しだった。デザインは森英恵さん。森さんはきっと、雅子さまの内なる強さを表現したのだと思う。

NHKの中継で、何度も伝えられた「自然体」

 パレード当日に話を戻す。午後3時、陛下と雅子さまが皇居・宮殿「南車寄せ」に出てこられたが、出発までは少し時間がかかった。それからオープンカーが到着し、お二人が乗り込まれたが、そこからもすぐに出発とはならなかった。

 車が到着までの間で、陛下が雅子さまに言葉をかけられた。雅子さまがうなずかれたが、そこでやり取りは終わった。次の「間」はもっと長かったので、お二人のやりとりがより具体的にわかった。

 この日のために作られたという行進曲「令和」が演奏されていた。陛下が雅子さまに話しかけ、うなずいた雅子さまが今度は短く言葉を返された。まだ車は出発しない。もう一度、陛下が雅子さまに声をかけ、しばらく会話が続いた。「優しい表情で、言葉を交わしていらっしゃいますね」。スタジオでアナウンサーが、そう言っていた。

 その優しい表情から私が感じたのは、信頼し合う者同士が醸し出す穏やかな空気感だった。仕事に向かう前の同僚同士のようだと思った。これから「パレード」に臨むにあたっての方針を確認しあったのか、リラックスするために全く違う話をするのか、とにかく「頼れる同僚同士」の会話のようだと感じた。

 雅子さまは、陛下と同じ立ち位置だ。そう思った。フリルという主張するデザインを選び、着こなす雅子さま。自らの存在を、隠さない強さを受け止める陛下。対等な関係。だからこその空気感だった。

 NHKの中継は、お二人のご様子を「自然体」と何度も伝えていた。お二人の「対等」な関係性がごく自然に伝わってくる、だからゲストが口々に「自然体」と言うのかな。そんなことを思った。

雅子さまの顔の向きがポイント

 パレードが始まってから感じたのが、雅子さまの「アマチュア精神」だ。「普通の感覚」と言い換えてもいいかもしれない。「皇室のルール」に染まり切らず、今もある普通の感覚。それが雅子さまの素晴らしさなのだ、とわかった。

 雅子さまの顔の向きがポイントだった。進行方向左側に座られた雅子さまは、ほぼずっと左側を向かれていた。一方、陛下はパレード中、左右を同じくらいの割合で向かれていた。雅子さまが右を向かれたのは、テレビで見る限り2、3度だけ。「ああ、雅子さまは目の前で起こっていることに感動しているのだな。それが雅子さまという人なのだな」。そう思った。

 少し話が戻るが、「即位礼正殿の儀」を見て驚いたことがある。高御座の中の陛下が、ほとんどまばたきをしていなかったのだ。雅子さまは御帳台で、何度もまばたきを繰り返されていた。一世一代の儀式でも動じることのない陛下に、天皇家に生まれ育つとはそういうことかと思い知らされた。同時に、雅子さまもそのような境地に至らなくてはならないのだとしたら、その道はたやすくはないなあと思ったりもした。

 陛下は「皇室のルール」のようなものが、体に染み込んでいるのだと思う。だから「パレードで、左右に顔を向ける」という行為は、意識せずともできてしまう。その点、雅子さまは、皇室の長い長い歴史から見ればニューカマー。意識をして、初めてルール通りに動けるのだと勝手に拝察している。

 雅子さまも出発前は、「左右に目配りしよう」と思ったかもしれない。だが始まってみれば、目の前でたくさんの人が喜んでくれている。それを見て、感動されたのだろう。出発前に確認したルールは頭から消えて、夢中で目の前の人たちに応えた。

 そのように想像し、その雅子さまの感覚は皇室における「アマチュア精神」だと思った。とても好もしい「普通の感覚」で、雅子さまの「涙」もそこにあると思う。

パレードが終わり、思ったこと

 パレードの前日、「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」でも雅子さまは涙を流した。2日続けての涙は、「皇后」としてはあまり見られないことかもしれない。でも、「普通の感覚」とすれば、珍しいことではない。こんなアマチュア精神は、批判する人より、歓迎する人の方が多いはずだ。そして歓迎している人の代表は、陛下ではないだろうか。

 パレードが終わり、お二人は赤坂御所に戻られた。そこでしばらく車内にとどまられた時、雅子さまが陛下に声をかけた。すると返事をするためだろう、陛下が雅子さまの方に体を寄せられた。そのご様子は正面からでなく、後ろから映された。背中からだったが、お二人の温かさが十分に伝わってきた。陛下が雅子さまを尊重していることが、よくわかった。

 そして、最後にもう一度、雅子さまのアマチュア精神を垣間見る瞬間があった。

 君が代演奏が終わり、いよいよお二人が赤坂御所に戻るという時だった。背中を向ける直前、雅子さまが会釈をされた。陛下はなさらなかった。雅子さまのみの会釈。

 皇室のルールとしてどう振る舞うべきか、それはわからない。だが世の中で働いている人は、仕事を終えて退出する時、会釈をする。雅子さまの体に残る「普通の感覚」が、雅子さまに会釈をさせた。そう思った。

 雅子さまのアマチュア精神は、皇室が私たちと地続きだと思わせてくれる。それこそが、雅子さまの存在感。パレードが終わり、そう思った。

(矢部 万紀子)