マーベル エージェント・カーター

写真拡大

キャプテン・アメリカの恋人ペギー・カーターの活躍を描く『マーベル エージェント・カーター』。国際平和維持組織 S.H.I.E.L.D.(シールド)創設の秘密が明かされるスパイ・アクションシリーズである今作が、Dlifeにて8月27日(土)より日本初放送となる。

ストーリーの舞台は、1946年のニューヨーク。秘密諜報機関SSRで働くペギーは、キャプテン・アメリカとともに戦った過去の業績や実力も認めてもらえず、かつてのキャプテン・アメリカの世話役としてしか扱われない日々を送っている。「女は電話番とランチの買いだし係でいい」と言われ、残業さえ、「男の仕事だから」とさせて貰えない。そんな中、ハワード・スタークに頼まれ、戦時中に敵国へ武器を販売した国家反逆罪の容疑で追われる彼の無実を証明するため、彼の執事であるジャーヴィスとともに調査に乗り出す...。

マーベルシリーズで活躍する初の女性エージェント、ペギーを演じるのは、映画『キャプテン・ アメリカ』シリーズなどのマーベル映画と同様にヘイリー・アトウェル。1940年代のクラシカルな世界観の中、着こなすファッションやエレガントなヘアスタイルは女性なら誰でも注目したい。さらに、マーベル映画とも連携する本作には、トニー・スターク(アイアンマン)の父親、ハワード・スターク(ドミニク・クーパー)や、後にアイアンマンの人口知能の名前となるエドウィン・ジャーヴィス(ジェームズ・ダーシー)も登場。キャプテン・アメリカはもちろん、 かつてともに戦った107連隊なども登場し、クロスオーバーが満載だ。

『アベンジャーズ』のブラック・ウィドウや『マーベル エージェント・オブ・シールド』のスカイやメイなど、現代のシールドで活躍する女性エージェントたちの活躍の場を作ったとも言えるペギー。女性蔑視の男性ばかりの職場で昼間は働き、夜になれば同僚たちに負けないほどの戦闘術や、潜入捜査で独自に調査していく彼女の活躍をお見逃しなく!(海外ドラマNAVI)

■放送情報
Dlifeにて、8月27日(土)放送スタート
(二)毎週土曜21:00〜22:00  ※再放送 毎週土曜13:00〜14:00
(字)毎週金曜27:00〜28:00