画像は、「桜海老としらすのかき揚げ丼(880円)」

写真拡大

サッポロライオンは、2012年4月14日に開通予定の新東名高速道路に位置する静岡サービスエリア(下り線)内の商業施設「NEOPASA(ネオパーサ)静岡」に、「かき揚げ丼・海鮮丼 駿河丸(するがまる)」の2号店をオープンする。

注文後に揚げる「サクサク」かき揚げ

「かき揚げ丼・海鮮丼 駿河丸」は、駿河湾産の桜エビやしらすをかき揚げ丼として楽しめるフードコート型店舗で、2号店のオープンは、新たに開通した新東名高速エリアで他県の人々に静岡の味を満喫してもらう目的がある。

かき揚げは注文後に揚げるので、驚くほどサクサクとしていて、簡単に崩せるだけでなく、口の中でふわっとほぐれ、まるで「淡雪」のような食感が楽しめる。このサクサク感をしっかりと味わってもらうために、「駿河丸」では「はし」ではなく「スプーン」を使用した食事を推奨している。

なお、サッポロライオンが高速道路サービスエリアへ出店するのは、今回が初めてとなる。

営業時間は、9時〜21時。