左から、ミス日本ネイチャーの原田かおりさん、ミス日本の第43代グランプリに輝いた谷中麻里衣さん、ミス日本ミス着物の新井寿枝さん

2011年度のミス日本グランプリ決定コンテストが24日、東京・新宿の京王プラザホテルで開催され、応募総数3169名の中から慶應義塾大学生の谷中麻里衣さん(20)が第43代のグランプリに輝いた。

谷中麻里衣さん 谷中麻里衣さん 谷中麻里衣さん
ミス日本の第43代グランプリに輝いた谷中麻里衣さん

1950年の第1回大会で後に昭和の大女優と呼ばれた山本富士子を選出して以来、女優の藤原紀香(第24回)など各界で活躍する女性が選ばれているミス日本グランプリ。第43回を数える今年度は、3169名もの女性が応募。幾多の難関を乗り越えた12名が最終審査に臨み、グランプリに東京都出身の谷中麻里衣さんが選出された。

名前を呼ばれて表情が崩れた谷中さん。「実感がなく、信じられない気持ちです」と驚きを隠さず「これまでたくさんの方に支えられてここまで来れました。ミス日本グランプリとしてたくさんの方を、そして日本を支えられるような女性になりたいと思います」と抱負を語った。「父と母にお礼を言いたいです」と親孝行な一面を見せた彼女だが、「明日は試験なので、家に帰ったら勉強します。試験が終わったら、父と母と私の3人で食事に出掛けたいですね」と現在は大学の試験中でお祝いは改めてするという。そんな彼女の夢は「安藤優子さんのような報道キャスター」とのこと。ちなみに彼女は、フリーキャスターやお天気キャスターが多数所属する芸能事務所セントフォースに在籍し、フリーキャスターとしても活躍している。

また、この日はグランプリ以外の発表も行われ、準ミス日本には、ともに中学生で山口県出身の江原千花さん(15)と神奈川県出身の秋谷祥加さん(15)。ミス日本ミス着物には大阪府出身の絵手紙師見習い、新井寿枝さん(24)。ミス日本ネイチャーには大阪府出身の大阪国際大学生、原田かおりさん(22)。ミス日本「海の日」には愛知県出身の上智大学生、樋口彩乃さん(21)。ミス日本「空の日」には神奈川県出身の大学生、栗林梨奈さん(22)がそれぞれ選出された。栗林さんは、ウェブでの一般人気投票で選ばれるスポニチ特別賞も受賞している。■関連リンク
ミス日本公式サイト