撮影:野原誠治

 昨年3月に発表したデビューシングル「SAKURA」がDENPO115 東日本エリアのCM曲に起用されて大きな話題を呼んだ、いきものがかり。水野良樹(ギター)と山下穂尊(ギター、ハーモニカ)が手掛ける、聴く者の心象風景を呼び起こす様なメロディと歌詞、それを体現する吉岡聖恵(ボーカル)の芯の強い伸びやかな歌声が今、注目の存在となっている。

■3人が知り合ったのはどんな切っ掛けだったんですか?

水野良樹(以降、水野):最初は山下と水野の男2人で路上をやっていたんです。それとは別に、椎名林檎さんのコピーバンドをやろうとして、バンド仲間で色々メンバーを誘い合っていたら、「女性ボーカルがいないね」となって。そしたらバンド仲間の1人だったコイツ(吉岡)の兄ちゃんが、「うちの妹が歌うから、紹介するよ」と言って、知り合ったんですよ。

吉岡聖恵(以降、吉岡):最初はこの2人(水野と吉岡)が知り合って、ちょっと遊びのコピーバンドみたいな感じでやって。

水野:山下に、「吉岡くんの妹が結構いいから、あの子をいきものの真ん中に入れてやろう」と。

吉岡:…結構いい(笑)。

水野:ちょうどその頃、早くも男2人に限界を感じていまして。どこを見ても男2人の路上グループがいっぱいいて、これじゃあ面白くないと。当時、男女混合のグループが少なかったので、「女の子を入れたらいいんじゃない?」と探したら、ちょうどいた感じですね。

■吉岡さんは、2人と一緒にやられる以前から歌われていたんですか?

吉岡:私はもう小さい時から歌しかやってなくて。合唱団やって、運動部に入らず合唱部に入って、ミュージカルをやって、バンドも遊びでやっていて。中学校の時にゆずさんを知って、路上ライブにすごく興味があったんですよ。でも、1人じゃ出来ないし、楽器も弾けないし。ちょうどその時に2人がやっていると聞いたので「一緒にやらせてよ」と言ったら、2人もちょうど探していたという。特にずっと一緒にやるとも考えていなかったんですけど、合わせた日からなんとなく、「じゃあ、次どうするか?」みたいな自然な感じで始まりました。

■お互いの第1印象は?

水野:この2人(山下と吉岡)は本当に、初めて路上ライブを一緒にやった時が初対面だったんですよ。山下と水野が2人でやっている所にたまたま吉岡のお兄さんが通って、「今、妹が近くにいるから、今度一緒にやるんだったら呼ぶよ」と言って、コイツが来て。

山下穂尊(以降、山下):ピンクな印象ですね。サングラスもピンクの物をしていて。

吉岡:赤ね(笑)。

山下:服は覚えてないですけど、全体的に非常にこう…ポップな(笑)。

水野:今、なんか気を遣ったね(笑)。

山下:もう本当に会ってそのままキーを合わせて歌い出したので、あまりよく分からない感じでしたね。ゆずさんの「夏色」を歌えると言うので、キーをオリジナルより大分上げて、「せーの」で一緒に歌って。その帰りにはもう3人で電車に乗って他愛もない話をして。

水野:僕は「猿岩石の有吉に似てる」と言われました(笑)。当時すごいブームだったので。

■それは、褒め言葉と受け取ればいいんでしょうか?

吉岡:率直な発言ばかりをね(笑)。

■吉岡さんは、割と思ったことをズバっと言うタイプですか?

水野:そんな感じですね(笑)。

■吉岡さんから見た、山下さんの第1印象は?

吉岡:ぱっと見て、もてそうだなと思って。最初2人が演奏していた時に女子高生が前にいて、いつも交流しているお友達というか、微妙な関係の女の子と男の子という所に私が突然入って歌ったから、女の子が「ちょっと、あの子は誰!?」みたいになっちゃって。

■貴重な女性ファンが離れていったと。水野:サァーっと引いていきましたね(笑)。