都内にあるオリーブの丘

写真拡大 (全3枚)

パスタが390円

 オリーブの丘というファミリーレストランをご存知の方は、まだまだ少ないだろう。公式サイトを見ても、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城の1都4県にしか進出していない。

 ***

【写真7枚】この記事の写真を見る

 4月25日現在、全ての店舗を足しても26店舗だ。都内は6店舗で、西東京市や多摩市といった郊外店も目立つ。

 都心の一等地に店を構えているわけではないため、まさに“知る人ぞ知る”ファミレスと言っていいだろう。

 だが、このオリーブの丘に注目が集まっている。公式サイトは店のコンセプトを《美食の国・イタリアのおいしいものをたくさん集めました》としている。

 イタリア料理中心のファミレスということで、“サイゼリヤのライバル”になるかと言われているのだ。

都内にあるオリーブの丘

 サイゼリヤと言えば低価格で有名だが、オリーブの丘も負けてはいない。両社のメニューから類似のものを比較してみよう。1つ目の表は前菜、ドリア、ハンバーグ、そしてピザを取り上げた。

 サイゼリヤの300円ドリアは、低価格路線の象徴とも言える、同社の看板商品だ。オリーブの丘が勝てないのは仕方ないだろう。

味も遜色なし

 一方、ハンバーグではなかなか善戦し、生ハムはサイゼリヤよりオリーブの丘のほうが安い。

 2つ目の表は、パスタとアルコールだ。

 ピザの場合は価格差が139円に達したが、パスタの場合は39円から94円までにとどまっている。

「オリーブの丘」v.s.「サイゼリヤ」価格対決【1/2】

 フードサービス・ジャーナリストの千葉哲幸氏は「もっと利用客が増え、知名度が上昇すれば、『自宅近くにサイゼリヤだけでなく、オリーブの丘もあればいいのに』と消費者は思うはずです」と、その経営方針に太鼓判を押す。

「互角の価格帯で、味も遜色ありません。今まではサイゼリヤの独占状態だった“低価格路線のイタリアン”市場に参入し、選択肢を消費者に与えることになります。これは全国で歓迎されるでしょう。実際に食事をして印象的だったのは、前菜が充実していることでした」

前菜が充実

 オリーブの丘の公式サイトには前菜として23品、サイゼリヤも同じ23品が掲載されている。

 とはいえ、サイゼリヤの場合は季節限定の「冷たいアスパラガスのスープ」や、「エビクリームグラタン」も含まれている。厳密な意味での「酒の肴」ではないメニューも散見される。

「オリーブの丘」v.s.「サイゼリヤ」価格対決【2/2】

「オリーブの丘は、いわしのマリネ、チキンやエビのアヒージョ、金目鯛のアクアパッツァなど、いわゆる都心の『バル』で人気があるような小皿料理が充実しています。私はジョッキのビール、デカンタのワイン、前菜を3品頼んで、約3500円でした。都内の『バル』なら5000円はするでしょう」(同・千葉氏)

 都心に勤務するサラリーマンで、仕事が終わるとオフィス近くの「バル」でワインを呑んで帰宅するという人もいるだろう。

 休日になると、彼は自宅近くのオリーブの丘で、小皿料理とアルコールを楽しむ──こんなイメージになるだろうか。

 ちなみにオリーブの丘は、パスタやハンバーグ、チキンといった料理に「プラス300円でピザ食べ放題」というサービスを実施していたことがある。

日本人の舌に合う味

 ネット上で「サイゼリヤを超えるコストパフォーマンス」と書かれた数年前の記事などが表示されるのは、その頃の名残だろう。現在の公式サイトに、この食べ放題サービスは紹介されていないようだ。

 ここで改めてパスタの全メニューを比較してみよう。サイゼリヤは300円から600円という価格帯に12品が提供されている。

 オリーブの丘は429円から594円という価格帯で29品だ。サイゼリヤが僅かに安いが、オリーブの丘はバリエーションが豊富だ。

 やはり甲乙付けがたい。互角の品揃えと言っていいだろう。それにしても、日本人がどれだけイタリア料理が好きか、改めて思い知らされる。

 作家の村上龍氏は2010年に上梓した『逃げる中高年、欲望のない若者たち』(ベストセラーズ)で初めてサイゼリヤを訪れた時のことに触れ、イタリア現地で食べる生ハムやチーズ、ワインと全く遜色がなかったと驚いている。

「フランス料理と異なり、イタリア料理は食材の持つ味を素直に料理すると言われています。和食も素材が持つ魅力を最大限に活かそうとします。こうした共通点から、イタリア料理と日本人の相性が良いのは間違いないでしょう」(同・千葉氏)

ゼンショーv.s.サイゼリヤ

 千葉氏によると、「さいたま市は人口1人あたりのチーズとワインの消費量が全国第1位、パスタの消費量も全国第1位と、イタリア食材の消費量が多い」という調査結果話があるという。

「埼玉県内には種苗業者、農家、ホテル・レストランが立ち上げた『さいたまヨーロッパ野菜研究会』があります。埼玉でイタリア料理やフランス料理で使用するヨーロッパ野菜が作られて、実際にレストランで使用されているのです。私は台湾ですき焼きを食べた際、現地の野菜が使われていて違和感を覚えました。海外旅行では珍しくない体験ですが、日本では全国各地で本物のヨーロッパ野菜が栽培され、本場の人が口にしても違和感を覚えない料理が出されるまでになっています」

 オリーブの丘はゼンショーホールディングスが経営している。ゼンショーといえば、すき家、なか卯、COCO’Sなどで知られる。

 ゼンショーはジョリーパスタというイタリアンレストランを既に運営している。公式サイトを見ると、例えばトマトソースのパスタなら693円から1199円という価格帯だ。オリーブの丘の倍と言っていい。

 今後、ゼンショーはオリーブの丘に注力し、低価格イタリアンの“牙城”たるサイゼリヤを切り崩そうとするのだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年4月29日 掲載