大ざっぱにいえば、2010年代の反差別論が「ネトウヨや歴史修正主義者は差別者」というものだったとすれば、2020年前後の反差別論は「差別構造に無自覚に加担するマジョリティも同じように差別者である」という方向へと段階が進んできた。ごく一部の極端な差別者のみならず、マジョリティであることそのものの日常的(everyday)な差別性が問題視されるようになってきた。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)

 その一つが「男性特権」であり、不公平で不平等な性差別的構造に対するマジョリティ男性たちの無自覚な加担の問題である。しかし、マジョリティとしての多数派男性の特権性の問題を自分事として引き受けることに、まだまだ戸惑いや違和感を覚える男性たちも多いように思われる。

 そうした状況の中で、あらためて、「弱者男性」論がネットを中心に注目されている。


©iStock.com

 とはいえ、そこで言われる「弱者」の基準は、今もまだはっきりしない。それは労働の非正規性や収入の話なのだろうか。「キモイ」と言われるような容姿の問題なのか。「コミュ障」とも自嘲されるコミュニケーション能力の問題なのか。あるいは実際に恋人や結婚相手などのパートナーがいるかどうか、という話なのか。「キモくて金のないおっさん(KKО)」と言われるように、それらの連立方程式のような話なのだろうか。

 そうしたことがはっきりしないので、議論がうまくかみ合わない。論争や敵対が増していく。そういうこともやはりあるようだ。

「弱者男性に女性をあてがえ」論まで登場

 すでに多くの指摘があるように、弱者男性論はアンチフェミニズムやアンチリベラリズムとセットになるケースが多い。

 たとえば環(@fuyu77)は次のように指摘する。「弱者男性論の本質」は「個別の弱者的状況よりもフェミニズムとのコンフリクトにある」、と(「一連の「弱者男性論」言及から見えて来た「弱者男性」概念のコアとその将来への提言――フェミニズムとのコンフリクト――」)。「コンフリクト」の中から「カウンター」としての弱者性の意識が強化され、それが明確な「アンチ」の立場になっていく。

 女性や性的少数者よりもマジョリティの男性(の中の弱者)の方がいっそう不幸であり、真の被害者は弱者男性であり、国家や社会からの制度的支援が何もない――というように、弱者男性論は個々人の実存の話から制度の話になっていく。

 さらには「制度設計によって弱者男性に女性をあてがえ」論(いわゆる「あてがえ」論)のようなものも出てくる。そこまで極端ではなくても、勝ち組の強者女性は負け組の弱者男性を積極的にケアすべきだ、という要求なども見られる。

惨めで、ひたすらつらく、光の当たらない人生がある

 とはいえ、ここでいわれる「弱者男性」とは、必ずしも社会的弱者やマイノリティとイコールではないだろう。後述するように、もう少し繊細な語り方によってしか取り出しえない実存/制度・構造のはざまの領域がある。

 救いがなく、惨めで、ひたすらつらく、光の当たらない人生がある、ということ。そのことをせめてわかってほしい。「多数派の男性はすべて等しく強者」という乱暴な言葉で塗り潰さないでほしい。誰々よりマシ、誰々に比べれば優遇されている、という優越や比較で語らないでほしい。不幸なものは不幸であり、つらいものはつらい。そうしたささやかな願いが根本にはあるのだろう。

 あらかじめいえば、私は、そうした根本の声は絶対的に肯定されるべきである、と考える(ただし、後述するように、それを「異性にわかってほしい」という承認論によって解決しようとするべきではない、とも考える)。

「強者」とされるからそれに対抗して「弱者」という言葉が選択されるが、そもそも本質はそこにはないのではないか。誰かとの比較や優越によって強い/弱いということではなく、生存そのものとして、惨めで、尊厳を剥奪され、どうしようもない人生があるということ。その事実すらも否定されたら、あとはもう――。

 本当は「男性」という属性すらどうでもいいのかもしれないが、男性というマジョリティ性から脱け出すこともできないのである。

貧しい選択肢しかない、と感じられてしまう状況

 これもしばしば指摘されるように、「弱者男性」と言っても、発達障害や精神疾患の傾向のある人や、「軽度」の知的ハンディのある人や、虐待やイジメの被害者など、様々な問題が絡み合っているし、グレーゾーンの人もたくさんいるだろう。

 それに対して、「ちゃんとした理由があるからあなたはマイノリティ男性、それ以外は男性特権に居直った無自覚な男性たち」とわかりやすく線引きすることができるだろうか。たとえば障害者介護の経験から私が学んだのは、個人や実存のレベルで考えるかぎり、比較や優越はもとより、そもそも安易に他者を線引きするべきではない、ということだ。曖昧な領域にはっきりと線を引くこと自体が暴力であり、支配になりうるから。

 本当にもうダメだと思って、惨めで、むなしく、悲しく、生まれてこなければよかったとしか感じられなくなったときに、藁をもつかもうとして手を伸ばすと、異性愛の恋愛によって救われたいとか、有名人になって一発逆転しなきゃとか、ネトウヨやインセルやアンチフェミニズムの闘士に闇落ちするとか、それらの貧しい選択肢しかない、と感じられてしまうこと。

 そのことがやはりあらためて、それそのものとして問われていいのではないか。そうした「弱者男性」たちの暗黒領域に光を差し込ませる言葉(思想)が必要であり、多様な実践が必要なのではないか。

反差別的で脱暴力的な「弱者男性」はあり得るか?

 他方で、こうも考える。ここには、どうしても、いったん、「弱者男性」とは異なる概念が必要なのではないだろうか。「弱者」という言葉が、すでに、アンチフェミニズムやアンチリベラルを強く含意してしまうからである。

 アンチフェミニズムやアンチリベラルへと向かう欲望を切断して(「あっちが批判してきたから言い返しているだけだ」という被害者意識を断ち切って)、「弱者男性」の問題を再定義できないだろうか。

 もちろん「弱者男性」たちが主にネット上で集団的な攻撃性を発揮してきた、という文脈や歴史はすでに消し去ることができないとしても、そうした攻撃性から身を引き剥がそうとする当事者性を帯びた「弱者男性」の概念が再構築されてもいいだろう。

 すなわち、ミソジニストやヘイターやインセルにならないような、反差別的で脱暴力的な「弱者男性」の概念とは、どういったものだろうか。日々のつらさや戸惑いや取り乱し、あるいは足元の問い直しとともにある「弱者男性」たち――これがたんなる抽象論だとは思わない。私のまわりの同年代の男性たちや、非常勤講師の授業でであった学生さんたちの中にも、そういうタイプの男性たちがたくさんいると感じるから。

 色々な幸運に恵まれてかろうじて生きてこれた私のような人間からすると、色々と過酷で厳しい状況にあっても、なんとか闇落ちせずに必死に「踏みとどまっている」男性たちの日々の努力は――比較や優越を付けることなく――もっと肯定され、尊重されていいことに思える。非暴力的で反差別的であろうと努力していること、それは立派でまっとうなことなんだ、と。

「自分たちで自分たちを肯定する」という自己肯定の力が必要

 ただし、ここで「肯定され、尊重されるべき」と言うのは、異性や社会からの承認を求めることであるよりも前に、「自分(たち)」の力によって行うべきことである、と私は(現時点では)考える。

 男性学は女性学やフェミニズムを受けての学問、メンズリブはウーマンリブを受けての生活改善運動という面が強かったが、弱者男性論もまたリアクションとして語られてきた面がある。しかし、弱者男性論もまたリアクションではなく、積極的なアクションとして再設定すべきではないか。

 つまり「異性からの承認待ち」ではなく、「自分たちで自分たちを肯定する」という自己肯定の力がもっとあっていいのではないか。そのためには、SNS上での「アンチ」の作業にアディクトしたり、ゲーム感覚で他者を叩くことから、自分たちの日常を解放する必要がある。

半ば制度の問題、半ば実存の問題でもある難しさ

 ここまで「弱者男性」という言葉を使ってきたが、この言葉はどうしても女性や性的マイノリティとのコンフリクトを前提としてしまう(そして女性に対する憎悪や嫌悪を増幅してしまう)から、異なる概念がいるのではないか、と述べてきた。それをここでは、「非正規的なマジョリティ男性」と呼んでおく。

 すなわち、正規の雇用、正規の家族像、正規の人生、あるいは正規とされる「男らしさ」、覇権的な男性性、等々から脱落し逸脱した多数派の男性たちのことだ。

 たとえばこれを社会的に強いか弱いか(特権性があるかないか)ではなく、運不運や幸不幸の問題である、と言ってしまうと、それはあくまでも個人の問題、自己責任の問題になってしまう。金持ちのイケメンでも不幸な奴はいるし、幸福な貧者もいるだろう、という話になってしまう。

 しかし、特権集団としての多数派の男性たちの中にも、幾つかのレイヤーがあり、様々な形で正規性から脱落した男性たち――男性学では従属的な男性とか、周縁的な立場の男性たちと呼ばれてきた――は存在する。社会的に見えにくい、あいまいな、グレーな領域の存在であっても。

 それは半ばまでは制度や社会の問題であると言えるし、半ばまではその人本人に固有の問題、実存の問題であるかもしれない。

「男もつらい」ではなく「男がつらい」から始めよう

 男性の「つらさ」ということがいわれる。

 では、多数派男性の「つらさ」とは何だろうか。どのような言い方をすれば「つらさ」を語りうるのか。これもまた極めて語りづらい、繊細な領域の事柄であるだろう。

 たとえば「男もつらい」「男だってつらいんだ」と言ってしまえば、これは女性や性的マイノリティとの比較において「女性や性的マイノリティもつらいだろうが、男性もつらいんだ」という優越を競うようなニュアンスになってしまう。リアクションになってしまう。

 他方で「男はつらい」という言い方をすると、それは「男性一般はつらい」という被害者性を強調した意味になって、主語(私たち=男たち)があまりにも大きくなりすぎてしまう。

 これらに対して、「男がつらい」という言い方にすれば、「(この私にとって)男がつらい」という意味になるのではないか。すなわち、他者との比較や優越の話ではなく、「この私」にとって「男らしさ」という正規とされる規範性それ自体がつらいし、抑圧的なのだ、というニュアンスになるのではないか。

 男がつらい。多数派の男性たちであっても、ひとまず、そう言っていい。声に出していい。

 いずれにしても「男がつらい」のその「つらさ」には、さまざまな複雑な要因が絡まりあっているはずだろう。重要なのはそれを男性たちが内側から――もちろんマイノリティたちの実践から学ぶこと、他者たちの声に耳をすませながらそうするのは望ましいことだ――解きほぐしていくことである。

 自分の「つらさ」の原因を作り出す「敵」がどこかにいる、という話にしてしまえば、それは「陰謀論としてのアンチフェミニズム」に行き着いてしまうだろう。

 たとえば私は2016年に『非モテの品格――男にとって「弱さ」とは何か』(集英社新書)という本を出したが、この本の議論はネトウヨやミソジニストと紙一重ではないか、という感想をいくつかもらったことがある。

 一読してもらえればわかるが、確かに、私の中には女性憎悪と紙一重の女性恐怖のようなものがある。そのことは否定しえない。しかし、非モテからインセルへと闇落ちしかねない人間の中にすらなお残っている尊厳を、何らかの形で、脱暴力的かつ反差別的なものとして積極的に言葉にしてみたい、という気持ちが私にはあった。

 たとえば私は『非モテの品格』の中で、依存症研究などを参照し、男の弱さとは自分の弱さを認められない弱さではないか、と論じた。自分の弱さ(無知や無力)を受容し、そんな自分を肯定し、自己尊重していくこと。

 その点では、地位も権力もあって己の特権に無自覚でいられる男性たちよりも、弱者男性たちのほうがまだ「救い」(解放)に近いのではないか。

 このような言い方をすれば、やはり、抽象的な理想論に聞こえるかもしれない。しかし、問いはすでに、たんなる個人的で実存的な問題の閾を越えて、「非正規的な男性たち」や「弱者男性たち」が自分たちにとっての新しい生の思想をどうつかむか、という次元にある。私はそう考えている。

承認から自覚へ。そして責任へ

 他者からの承認を期待することは、それが満たされないと、被害者意識や攻撃性に転じてしまう。それならば、他者からの承認を期待するのではなく、当事者としての自覚を持つこと。自分たちをマイノリティや社会的弱者と呼べるとは思わないが、それでも、非正規男性(弱者男性)としての当事者性を自覚していくこと。承認から自覚へ。そして責任へ。そうした意識覚醒が必要ではないか。

 非正規的で「弱者」的な男性たちには、もしかしたら、男性特権に守られた覇権的な「男らしさ」とは別の価値観――たとえば成果主義や能力主義や優生思想や家父長制などとは別の価値観、オルタナティヴでラディカルな価値観――を見出すというチャンス=機縁が与えられているかもしれないのだ(もちろんそうした著作や思想はすでに様々にあるが、それらを具体的に点検していくことは、別の場で行おうと思う)。

 もはや、そういうことを信じていいのではないか。いや、「私たち」はそう信じよう。

 誰からも愛されず、承認されず、金もなく、無知で無能な、そうした周縁的/非正規的な男性たちが、もしもそれでも幸福に正しく――誰かを恨んだり攻撃したりしようとする衝動に打ち克って――生きられるなら、それはそのままに革命的な実践そのものになりうるだろう。後続する男性たちの光となり、勇気となりうるだろう。

(杉田 俊介)