暗号通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の価格が、2017年12月に記録した1ビットコインあたり1万9783ドル(当時のレートで約220万円)という高値を約3年ぶりに更新し、1万9850ドル(約210万円)を記録しました。

Bitcoin Climbs to Record High - The New York Times

https://www.nytimes.com/2020/11/30/technology/bitcoin-record-price.html

Traditional investors are fueling the latest Bitcoin rally

https://www.techspot.com/news/87789-traditional-investors-fueling-latest-bitcoin-rally.html

Bitcoin Hits New Record, This Time With Less Talk of a Bubble - Slashdot

https://slashdot.org/story/20/11/30/1818241/bitcoin-hits-new-record-this-time-with-less-talk-of-a-bubble

ビットコインの価格は2020年前半から上昇を続けており、2020年11月17日には1ビットコインあたりの価格が1万7864ドル(約190万円)に到達し、間もなく史上最高額を更新するのではといわれていました。

ビットコインが約3年ぶりの高値を付ける、時価総額も過去最高を記録 - GIGAZINE

そして2020年11月30日(月)、約3年ぶりにビットコインが史上最高値を更新しています。2020年は新型コロナウイルスのパンデミックにより、ビットコインの価格が4000ドル(約42万円)近く低下しましたが、3月以降価格を急速に上昇させていき、11月30日についに史上最高値を更新することとなりました。

The New York Timesによると、2017年末に起きたビットコインの価格上昇は、「暗号通貨に関心を示し始めたアジアの投資家たちによって推進されたもの」だそうです。しかし、当時の投資家たちはビットコインの成長について懐疑的であったため、価格急騰はすぐに頭打ちとなりました。

その一方で、近年のビットコインの成長はより広い層に支えられています。データ分析会社のChainalysisによると、企業やその他の投資家たちは、ビットコインを金と同じく価値のある資産と位置づけているそうです。さらに、投資家たちはビットコインを素早く売り買いするのではなく、政府や従来の金融システムの影響を受けないポートフォリオの一部として扱うようになってきている、とChainalysisは指摘しました。

ビットコインの価格高騰の裏には、暗号通貨をより安全でアクセスしやすいものにしようとしている規制当局や金融会社による支持があるとThe New York Timesは指摘。アメリカの規制当局である通貨監査局(OCC)は、2020年夏に銀行が顧客のために暗号通貨を保有することを許可するとしています。

さらに、2020年10月には決済サービスのSquareに続いてPayPalがビットコインを含むいくつかの暗号通貨をプラットフォーム上で使用できるようにすると発表しました。PayPalによると、暗号通貨に対応すると発表したことで、100万人以上のユーザーが暗号通貨を使用するための待機リストに参加していたと述べています。PayPal Launches New Service Enabling Users to Buy, Hold and Sell Cryptocurrency - YouTube