りんごちゃん、おかずはマヨネーズだけ…“極貧生活”から大ブレークで激変

写真拡大 (全2枚)

9月11日(金)の『徹子の部屋』に、りんごちゃんが初登場する。

2019年大ブレークしたりんごちゃん。

タレントを夢見て青森から上京、その後10年以上の下積み時代を過ごした。

実家から届いた荷物のダンボールをテーブル代わりにし、マヨネーズだけがおかずという極貧生活だったという。

しかし、一気に売れたことで生活は激変。自分が今どこにいるのかさえもわからなくなるような毎日が続いた。そして今度は突然の自粛生活。人生も心のなかもまるでジェットコースターに乗っているようだと語る。

そんなりんごちゃんをずっと支え続けているのが、実家に暮らす母。上京してから1日も電話を欠かさないそう。最近はゆっくりと話す時間も増え、気がつくと3時間以上たっていることもあるのだとか。最愛の母とのおしゃべり時間が一番幸せだと明かす。

スタジオではもちろんモノマネも。黒柳のリクエストに応えて、惜しみなくレパートリーを披露する。