近江友里恵アナ(NHKあさイチのInstagramより)

写真拡大

 桑子アナの後任として『ブラタモリ』でタモリのアシスタントとなり、『あさイチ』ではNHKの顔・有働アナの後任として、MCに収まったエース・近江友里恵アナ(31)。独身キャラの“朝の顔”が実は結婚していた……。

【動画】「近江友里恵」アナに15歳年の差婚を直撃

15歳の年の差

「あさイチ班はNHKにしては異常なくらい視聴率を求める。インスタに命をかけていて、近江さんは女子アナというよりはもはやアイドルです」

 とは、さるNHK関係者。

 そんなアイドルキャラの彼女には、これまで浮いた噂は皆無。よって当然、独身と見られていたのだが、

「実は近江さんは昨年春、ひそかに入籍しているのです。これは、局内でもごく一部の人しか知らされていません」

近江友里恵アナ(NHKあさイチのInstagramより)

「お相手は15歳も年上の局員で、現在は仙台放送局に勤務しているプロデューサー職の男性。近江さんとは同じ福岡放送局での勤務時代に知り合い、交際が始まりました。近江さんは16年に東京のアナウンス室へと移ってきましたが、相手の男性は一足先に福岡から渋谷の本局の経済社会情報番組部へ異動していました。結婚も考える段階に至っていたものの、大きな年齢差もあり、近江さんのご家族が難色を示していたのです」

 周囲の賛同が得られぬまま、19年初めには相手の男性に仙台放送局への異動が内々に示され、

「それを機に、男性の気持ちは犒觝Г任ないのなら別れよう瓩箸いκ向に傾いていったようなのです、いずれにせよ、ともになかなか踏ん切りがつかなかったといいます」
ところがその後、一緒に都内で家を新築しようという話が持ち上がり、2人の仲はいっそう強まったというのだ。

 近江アナご本人に聞くと、

「ちょっと広報を通して頂きたくて……」

 NHKに聞いたところ、

「職員のプライベートにはお答えしていません」 

 それならばと男性に尋ねると、

「(近江アナとは)昨年の5月1日に籍を入れました」

週刊新潮WEB取材班

2020年5月20日 掲載