女子プロテニス選手のレジェンドであるセリーナ・ウィリアムズ選手やマリア・シャラポワ選手、さらには日本の大坂なおみ選手や錦織圭選手らトッププレイヤーたちが参加するNintendo Switch向けゲーム「マリオテニス エース」のオンライントーナメントが開催されます。プロテニス選手によるオンライントーナメントは新型コロナウイルスの影響で開催不可能となったプロテニスの興行に代わるファンを楽しませるためのコンテンツとして提案されたもので、テニス選手以外にモデルのカーリー・クロスやジジ・ハディッド、ミュージシャンのスティーヴ・アオキといった著名人も参加する予定です。

Facebook Gaming hosting Mario Tennis tournament with Serena and Venus Williams, Maria Sharapova - The Verge

https://www.theverge.com/2020/4/29/21241430/facebook-gaming-tennis-celebrity-tournament-serena-williams-naomi-osaka

複数のプロテニス選手が参加する「マリオテニス エース」のオンライントーナメントの名称は、テニスの四大大会の総称である「グランドスラム」と、新型コロナウイルス対策として不要不急の外出を控えることを求める「Stay Home」を掛け合わせた「Stay at Home Slam(ステイホームスラム)」です。オンライントーナメントの様子はFacebookのゲームストリーミング専用ハブ「Facebook Gaming」上で生配信されます。

新型コロナウイルスの影響で興行が不可能となったプロスポーツ界がeスポーツの分野とコラボレーションする事例はプロテニスだけではありません。2020年3月末にはF1やNASCARのプロドライバーがeスポーツイベントに参戦したことが話題を集めました。

F1やNASCARのプロドライバーがeスポーツイベントに参戦、新型コロナウイルスの影響で - GIGAZINE

これまで行われてきたプロスポーツ選手によるeスポーツトーナメントでは、FIFA 20やNBA 2K20といった業界団体公認のタイトルがプレイされてきました。しかし、Stay at Home Slamではマリオテニス エースがプレイされることとなります。

Stay at Home Slamはプロテニス選手と著名人がダブルスを組んで戦うトーナメント形式の大会となります。例えばセリーナ・ウィリアムズ選手はジジ・ハディッドと、大坂なおみ選手はモデルのヘイリー・ビーバーとダブルスを組みます。

錦織圭選手はスティーヴ・アオキと、マディソン・キーズ選手はミュージシャンのSealと、テイラー・フリッツ選手はアディスン・レイとダブルスを組みます。

さらに、大会の勝者は100万ドル(約1億1000万円)の賞金を好みのチャリティーに寄付することが可能です。オンライントーナメントは日本時間の2020年5月4日(月)6時からFacebook Gamingで配信開始となります。