侍ジャパンの4番を務めた男がメジャー移籍について語る

写真拡大

「あと1年待ってほしかった」──昨年12月、筒香嘉智(28)のMLBタンパベイ・レイズへの移籍が報じられるや、ファンからは嘆きの声が漏れた。国際試合で侍ジャパンの4番を務め、無類の勝負強さを見せてきた。悲願の「東京五輪金メダル」のため、柱として期待されてきた男が口にしたのは東京五輪との“決別”だった。

【写真】レイズのユニフォームを着た筒香

◆「動く球」への対応は

 今は日によって感情が変わりますね……ワクワクしている気持ちが勝つ日もあれば、不安が勝つ日もあります。

〈2月17日(日本時間18日)のキャンプインを間近に控えて自主トレ中の筒香に意気込みを聞くと、返ってきたのは侍ジャパンの4番を務めてきた男らしからぬ言葉だった〉

 珍しい? そうですね(笑い)。メジャー挑戦は憧れでしたが、やったことがない環境なので今までの何が通用して、何が通用しないのか。それすらも行ってみないとわからない。

 グラウンド外のことはそんなに心配していません。本拠地のフロリダ州セントピーターズバーグは日本食が少ないエリアのようです。家族は日本に残していくので、食事を心配されますが、元々ジャンクフードはほとんど食べない。高校の同級生が練習パートナーとして渡米してくれるので、野球漬けの日々を送ることになると思います。

 想像がつかないのはグラウンド内ですね。よく「動く球への対応はどう考えていますか」と聞かれますが、体感したことがないので答えようがない。メジャーのテレビ中継を見ると、凄い変化球を投げているように見える。ただ、日本の中継とカメラの角度が違います。日本の投手と比べて曲がりがどのくらい違うのか? 打席に立ってみないとわからないというのが正直な気持ちです。だから自信がありますかと聞かれて、あるとも言えない。内野を守ることも同じですね。準備は当然しますが、とにかく行ってみないと分からない。

〈NPBで10年間プレーしての決断は満を持しての挑戦にも見えるが、今年は東京五輪が開催される。筒香は2015年のプレミア12、2017年のWBCで侍ジャパンの4番を務めてきた。「自国開催の五輪は一生に一度」と出場を熱望する選手が多い中、違う道を選んだ。MLBは東京五輪への選手派遣に慎重な姿勢を崩しておらず、筒香も代表入りは難しい〉

◆これも「運命」

 侍ジャパンは球界を代表する選手と刺激し合える貴重な機会だったので財産になっています。なかでも「侍ジャパンの4番」は特別な場所です。元々、4番は打席の結果ひとつで、流れを良くも悪くも変えることができるポジションだと思っています。DeNAの時も責任感はありましたが、国際試合は過去に対戦がほとんどない投手を相手に日の丸を背負って戦う。言葉にできない独特の重圧や責任感があります。WBCでは全試合(7試合)で4番で使ってもらい、一定の成績を残せましたが(3割2分、3本塁打)、チームは準決勝で敗退してしまった。今も悔しさは忘れません。

 昨年11月のプレミア12で4番に座った広島の鈴木(誠也)選手(25)が東京五輪でも4番として引っ張ってほしい。2017年のWBCなどで一緒になりましたが、彼のプレーは日本中を元気にする力がある。プレミア12で見せた圧倒的な成績(首位打者、最多打点、最多得点の三冠で大会MVP)を見れば、僕よりよっぽど素晴らしい4番だと思います。

 ただ、鈴木選手の存在に関係なく、「東京五輪に出場するために、メジャー挑戦を遅らせる」という考えや計算はなかったです。メジャーに挑戦しようと思ったときから海外FAでなく、ポスティングで移籍しようと考えていたので。ポスティングは球団が行使するタイミングを決めるので……希望は言えても最終的な判断は僕には左右できない。だから割り切れている部分はあります。これも運命だと思います。迷いや未練はないですね。

 基本的には自分ですべて決めてきたので、今回のメジャー挑戦も迷ったり、誰かに相談したとかは一切なかったです。

〈筒香はポスティングによるメジャー移籍の考えを以前からフロントに伝えていた。東京五輪に出場し、最短で2021年シーズン中に取得する海外FA権を行使してメジャー移籍という選択肢もあったが、育ててもらった球団に恩返ししたい気持ちが強く、球団に譲渡金が入るポスティングにこだわった〉

◆取材・文/平尾類(フリーライター)

※週刊ポスト2020年2月21日号