入浴中の事故で死亡した疑いがあった患者 大阪府の病院が「病死」扱い

ざっくり言うと

  • 大阪府の病院で2017年に、入院患者が浴室で心肺停止の状態で見つかった
  • 入浴中の事故により死亡した可能性があったが、病院側は死因を病死と判断
  • 病院側は「警察に届けるべきだった」と不適切な対応を認めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x