日本代表の森保一監督

写真拡大

[12.10 E-1選手権 日本2-1中国 釜山九徳]

 ぶっつけ本番といっても過言ではない中、E-1選手権に臨む日本代表は東京五輪代表と同じ3バックのシステムにトライし、開幕白星という結果を手にした。森保一監督は「チームで機能するため、一人一人がチームのためと考えてくれたことで勝利できた」と振り返った。

 今月8日、前日にJ1リーグ最終節を終えたばかりの選手たちが韓国・釜山に集結。E-1選手権に臨むA代表が発足した。しかし、初日は多くの選手がリカバリーメニューをこなしたのみで、2日目は練習場の照明が暗すぎてボールを使ったトレーニングは満足にできず。戦術の浸透はシャドートレーニングとミーティングのみで行われたようだ。

 そうした中、森保監督はE-1選手権の初戦で3バックのシステムを採用。メンバーの過半数を占めるU-22世代は五輪代表チームで経験しており、年長選手も所属クラブでプレーしている選手が多いことから、指揮官は「経験値を生かしながらわれわれが戦うオプションとして、3バックをやっていくということで決めた」と理由を説明した。

 実際そうした目論見は当たり、中国戦での日本代表は初戦の緊張感か攻撃が停滞する場面こそあったが、システムへの適応に苦しんでいる様子は見られなかった。サイドを広く使って相手を崩すような場面もあり、先制点はまさにシステムの特長を活かした形。森保監督は「連係と連動は時間を追うごとにスムーズになった」と現状に手応えを語った。

 選手目線でのテストは交代起用が2人にとどまり不十分だったが、戦術面のテストは上々の結果。「A代表として4バックと3バックの両方とも、状況に応じてできるようにしておこうというのがある」。次の香港戦までは中3日。練習時間を昼間にするなどの対応も進んでいるためトレーニングは順調に進むと見られ、さらなる上積みに期待ができそうだ。

(取材・文 竹内達也)