米グーグルなどの研究チームは23日、同社の量子コンピューターの計算速度が、現在の世界最速のスーパーコンピューターを大幅に上回ったと、英科学誌ネイチャーに発表した。

 スパコンで1万年かかるとされる特殊な計算を、3分20秒で終えたという。

 量子コンピューターの概念は1980年代に提唱され、いずれはスパコンの計算速度を超える「量子超越性」が実証されるといわれてきたが、実際に証明されたのは世界初とみられる。ネイチャー誌に同時掲載された解説記事で、米マサチューセッツ工科大のウィリアム・オリバー教授は「ライト兄弟の初飛行に匹敵する偉業」とたたえた。

 研究チームが開発したのは、情報の基本単位「量子ビット」の数が53個の量子コンピューターで、材料には電気抵抗がない超伝導の状態のアルミニウムを使った。量子コンピューターが得意とする特殊な数学の問題を、高速で解くことに成功した。量子ビット同士の相互作用を制御するなどの工夫で、計算過程のミスを減らしたという。

 量子コンピューターが実用化されれば、人工知能の研究や創薬などに役立つ可能性があるが、量子ビット数を大幅に増やし、計算ミスを自動で訂正する機能を盛り込む必要があるなど、課題は多い。

 量子コンピューターに詳しい京都大の森前智行講師(量子計算理論)は、「今後の実用化に向けては、計算ミスの確率をさらに下げていくことも不可欠だ」と指摘した。

 ◆量子コンピューター=きわめて微小な世界の特殊な物理法則(量子力学)を利用して計算するコンピューター。従来のコンピューターが0と1を「ビット」という基本単位として情報を表すのに対し、量子コンピューターは0と1の両方を同時に表せる特殊な単位「量子ビット」を使うため、大量の情報を高速処理できると期待されている。