南アフリカはニュージーランドに敗れ黒星スタート【写真:荒川祐史】

写真拡大

プールBの通過チームがプールAの上位2か国と対戦

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、プールBの初戦(横浜国際総合競技場)でニュージーランドと南アフリカが激突。優勝候補同士の屈指の好カードは、3連覇がかかるオールブラックスが23-13で勝利し、勝ち点4を獲得した。王者の壁に跳ね返された格好となったスプリングボクスは、プールBの首位通過は厳しくなった。

 オールブラックスとW杯の舞台では過去2勝2敗。真っ向勝負を挑んだ南アフリカは出足の鋭いディフェンスから、試合を有利に進める局面もあったが、王者の地力の前に屈した。

 悔やまれるのはペナルティの差だ。ラシー・エラスマス・ヘッドコーチ(HC)は「11のペナルティを相手に与え、こちらは2つだけ。こうなると思うようにはいかない」と悔しさを隠し淡々と振り返った。

 前半はPGで先行し、後半も一時は4点差まで迫った。世界ランク4位の地力は見せたが、日本に敗れた2015年大会に続いて2大会連続での初戦敗退となった。

 プールBの首位通過が難しくなった南アフリカ。2位での通過なら、日本が属すプールAの1位通過チームとの準々決勝となる。海外メディアからは、早くもアイルランド(世界ランク1位)との対戦を見据えた声も上がったが、同HCは「その前にイタリア、カナダ、ナミビアとの対戦がある。まずイタリア戦に集中したい」と1次リーグに全力を注ぐ構えを示した。

「アイルランド、スコットランド、どちらとの対戦になるかはわからないが…」

 そのうえで「アイルランド、スコットランド、どちらとの対戦になるかはわかりませんが、アイルランドのコーチはよく知っている。向こうもこっちを知っている。どちらがアドバンテージになるかは分からない」とも続け、日本との対戦は想定していない様子だった。

 実際にプールAはアイルランド、世界ランク7位のスコットランドが2強と目されており、同10位の日本が追う形。海外のブックメーカーのオッズを見ても、2強の突破が濃厚と目されているだけに、エラスマスHCの発言も仕方のないところか。

 20日の開幕戦でロシアからきっちり勝ち点5を得た日本。ホームのアドバンテージも生かし、再びアッと言わせることを期待したい。(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)