バタバタしてて買い物に行く暇がない! 給料日前で金欠だから冷蔵庫の残り物でごちそうがつくれたら…。そんな、毎日のごはんづくりの悩みを解決してくれるのが、テレビでもおなじみの伝説の家政婦・志麻さんがつくり出すレシピの数々。

家にいつもあるおなじみ食材を絶品おかずに変える、志麻さんのとっておきレシピを教えてもらいました。


大人気家政婦の志麻さん

焼き方を変えるだけで、鶏肉がごちそうに!



訪れた家庭の冷蔵庫にある食材を見事に使い回し、次々と絶品料理をつくる志麻さん。もちろん、特別な材料は使いません。現場で唯一役立つのは、どんな素材にも応用できる、料理をおいしくする基本の考え方だと言います。

「たとえば、肉の下味はしっかりつける。肉と野菜を炒めるときは別々に炒めてあとで合わせる。先に素材に火をとおしておき、調味料は最後にさっとあえる。そんな、どの料理にも共通するコツさえ身についていれば、たとえレシピどおりに材料がそろわなくても、ちゃんとおいしい料理になります」

今回は、定番料理のチキンソテーを、ごちそうおかずに仕上げるコツを教えてもらいました。

●プロのチキンソテー


焼いたトマトがソースに!
【材料(4人分)】

・鶏モモ肉 小4枚
・塩、コショウ 各適量
・サラダ油、オリーブオイル 各大さじ2
・トマト(横半分に切る) 2個
・A[パン粉大さじ4 ニンニク(チューブ)4cm]
・サラダ菜 適量


<肉の焼き方>


(1) からのバットに塩、コショウをふってから鶏肉をのせ、さらに上から塩、コショウをし、肉の両面に下味をつける。塩は普段の1.2倍ふる。


(2) フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、(1)の半量を皮目を下にして入れる。ボウルに水を入れて重しをし、弱火でじっくり焼く。こうすることで皮がパリッと仕上がる。


(3) 肉は触らずに、フライパンをときどき回して火の当たる位置を変え、肉全体に均一に熱を入れる。


(4) 火入れは、皮目8割、裏側2割が目安。8割ほど火がとおり、肉の周囲が白くなったら、裏返してさらに焼く。同様にして残りも焼く。

<ソースになるトマトのつくり方>


(1) トマトは切り口に塩小さじ1/2ずつふる。塩が少ないと水っぽくなってしまうので、強めの塩でうま味を引き出す。


(2) ボウルにAを混ぜ合わせ、オリーブオイルを加えてさっくり混ぜ、カリカリパン粉をつくる。


(3) トマトに(2)を1/4量ずつのせ、トースター(1000W)の弱モードで15分ほどじっくり焼く。クシャっとしたアルミ箔にのせるとトマトが安定する。パン粉に焼き色がつき、トマトのふちがやわらかくなったら完成。肉とともに皿に盛る。

[1人分383kcal]

特別な材料がなくても、いつものチキンソテーがおいしくグレードアップ! この味わい、ぜひ試してみてください。

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【タサン志麻さん】

国内外のフレンチレストランで修業ののち、「より自由で簡単なフランスの家庭料理を伝えたい」と、家政婦に。著書『厨房から台所へ』
(ダイヤモンド社刊)ほかメディアでも活躍