もっと美味しいバターの選び方。カルピスバター、発酵バターetc.を知ってる?
 よく聞く“あのキーワード”、知っておきたい。

 トーストやパンケーキはもちろん、料理をおいしくする「バター」。最近では、「リンゴバター」や「いちごバター」といったジャムミックスや、「ギー」のような健康系がブームになるなど、いつの時代もバターは広く愛されているようです。

 でも皆さん、バターのことをどのくらい知っていますか? 「発酵バター」、「無塩バター」、「グラスフェッドバター」……、最近よく聞いたり見かけるようになってきたワードですね。でも、いざ何かと言われるとよくわからない……なんてことあると思います。

 そこで今回は、おいしいバター選びに役立つ「バターにまつわるキーワード」を6つ厳選して解説したいと思います。

◆塩分を控えたいなら〔輝バター

 そもそもバターとは、生乳から分離させたクリームを攪拌(かくはん、かき回すこと)し、脂肪同士をくっつけて練り上げたもの。練り上げた後に食塩を添加した「有塩バター」は保存性が高く、風味が良いため、家庭用として広く使われています。一方無塩バターは、塩を加えずに作られたバターで、製菓用や塩分を控えている人にぴったりです。

◆ワンランク上の風味を楽しみたいなら発酵バター

 原料となるクリームを乳酸菌によって発酵させて作られたバターのことで、ほのかな酸味と芳香さが魅力。発酵バターを代表する有名ブランドとして、「エシレ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 この発酵バターは、ヨーロッパなどでは主流ですが、日本のバターの多くは、「非発酵」です。発酵バターを使えば、トーストはもちろんのこと、パスタや炒め物に使えば、ワンランク上の風味・香りを楽しめますよ。

◆健康・美容をサポートしてくれるグラスフェッドバター

 少し覚えづらい名前ですが、「牧草」を飼料として育てられた牛のミルクからできるバターのことを言います。健康・美容をサポートするβカロテンやオメガ3脂肪酸、ダイエット効果が期待される共役リノール酸が豊富に含まれるとして、健康志向派に注目されています。

 そもそもグラスフェッドを一躍有名にしたのは、「バターコーヒー」かもしれません。ちなみに、日本で作られる大半は、穀物類を食べた牛のミルクから作られる「グレインフェッド」なので、グラスフェッドは超高値で販売されていますが、酪農王国ニュージーランドではグラスフェッドがスタンダードでリーズナブル。真の価値はいかに……。

◆あのカルピスが作る幻のぅルピスバター

 あの「カルピス株式会社」から、バターが出ていることご存知でしたか?! 「カルピスバター」は、カルピスを作る工程で分離されたクリームから製造されており、純白色が特徴です。

 当初は業務用のみでしたが、1981年から一般向けにも販売。こだわりバターとして名前があがるほどに。コクがあるのに口どけが良いことや、大量生産ができないこと、華やかな広告宣伝をしないことなどから、「幻のバター」と称されることも。

◆世界でもっとも健康的な食品のひとつゥー

 ギーとは、無塩の発酵バターを煮詰め、水分・乳たんぱく・乳糖を取り除いた純粋な「乳脂肪」のこと。インドを中心にアジアで古くから作られる「バターオイル」で、製造の過程で腐敗原因となる成分が除去されているため、常温でも長期間保存ができるという特徴があります。

 上質なギーを選べば、一般的なバターや植物油に比べて消化吸収のよい「共役リノール酸」や、ココナッツオイルでおなじみの「中鎖脂肪酸※」が含まれているため、カラダに蓄積しにくいダイエットオイルとして活用できます。イギリスTIME誌上では「世界で最も健康的な食品50」に認定されるほど!