世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第5回:氏家英行(後編)

前編から読む>>

 1999年ワールドユース(現U−20W杯)・ナイジェリア大会、日本は準優勝に終わった。


決勝のスペイン戦で初先発初出場を果たした氏家英行。photo by Yanagawa Go

 決勝のスペイン戦(0−4)、氏家英行は初出場初先発を果たしたが、チームの勝利に貢献することはできなかった。

「『あの時、こうしておけばよかった』と試合後に考えることができれば、しっかり判断してプレーしていたんだな、ということになる。でも(自分は)無我夢中でやっていたので、(試合後)何が課題で、何が足りないのか、ということがわからなかった。自分は”何もできなかった”ということしかなかったですね」

 それでも、ワールドユースを終えて、当時所属の大宮アルディージャに戻って試合に出場した時、氏家は自分の中で小さな変化をいくつか感じられたという。

「大宮に戻ってきた時、相手チームにA代表の選手がいても、ビビらずにプレーできるようになりました。そうして、試合をこなしていくごとに、試合の流れをしっかりと読むとか、力任せではなく、自分で考えてプレーするとか、自らの課題が見えてきたんです」

 その一方で、ワールドユースを戦った仲間たちは、2000年シドニー五輪出場に向けて動き出していた。高原直泰、稲本潤一らが五輪代表チームの主力になっていくなか、氏家もシドニー五輪は自らの視野に入れていた。

「シドニーに行きたい気持ちはありました。でも、大宮は当時J2だったし、(自分は)スペイン戦で結果を出せなかった、というのもあったので……。

 一度、(五輪代表の指揮官も務めることになったフィリップ・)トルシエ監督が試合を見に来てくれたことがあって、『もっとがんばれば代表に入れるかな』と思ったこともありましたが、現実的には『厳しいな』と自覚していました。ただもう1回、ナイジェリアで味わったような経験をしたいなっていう気持ちはありました」

 氏家は、大宮では主力としてプレーしていたが、ワールドユース以降は結局、五輪を含めて日本代表に招集されることはなかった。2004年まで6年間、大宮でプレーし、J1昇格を決めた同シーズン後、J2のザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)に移籍した。

「大宮では本当に成長させてもらいました。いつも応援してくれている”サポーターのために”という思いでプレーができたし、チームの選手たちとは友人や家族のような感じだったので、常に高いモチベーションを保って試合ができていたんです。

 でも、草津に行くと(大宮とは)あまりに違う環境に気持ちが追いつかず、自分の特徴を監督やチームメイトになかなか理解してもらえなかった。”大宮愛”が強かったのもあったんですが、モチベーションが上がらなくなってしまった。正直、何のためにサッカーをしているのか、わからなくなってしまったんです」

 草津の水が合わず、氏家は2005年の1シーズン限りで退団。その後、いろいろなチームから声をかけてもらったが、氏家はこの時、このまま選手としてプレーを続けていく自信を失っていた。現役引退もちらついていたという。

 そんな状況のなか、氏家はあるチームの誘いを受けた。群馬県1部リーグの図南SC群馬(現tonan前橋)だった。Jリーグからはカテゴリーが下がる県リーグへの移籍だったが、氏家にはある狙いもあって、それを決断した。

「図南から話があった時、(自分の中には)いつか自らがマネジメント、もしくは指導するチームをJリーグに上げてみたい、という思いがあったんです。

 そして、その思いを頭の片隅に置きつつ、チームに入ってプレーしていくなかで、自分は指導者になりたいのか、経営者になりたいのか、それとも違う道に進むべきなのか、ずっと考えていました。最終的に、自分はサッカーを教えるのが好きなんだ、というのをあらためて実感し、指導者の道に進もうと決めたんです」

 2007年からはコーチを兼任し、2014年には監督代行も務めた。そのなかで、チームは県リーグから関東2部、関東1部へと昇格していった。

 そして2014年のシーズン後、氏家は草津からヘッドコーチの打診を受けた。トップチームのヘッドコーチは、指導者の道を歩むことを決めていた氏家にとって、魅力的なオファーだった。

 そこで、氏家はある決心をする。

「2014年シーズン限りでの現役引退を決めました。さすがに(Jリーグのクラブでは)プレーしながらヘッドコーチはできないですし、その仕事をきちんとやり遂げたいと思ったからです。

 それに、同期のみんなはまだJリーグでプレーして活躍していた。そこで自分は方向転換して、みんなよりも早くS級(ライセンス)を取って、指導者になるか、マネジメントをできるようになろう、と思ったんです」

 新たな目標のため、氏家は潔くスパイクを脱いだ。

 ヘッドコーチとなった1年目、氏家はワールドユースを一緒に戦ったメンバーのひとりと仕事をすることになる。

「(永井)雄一郎に声をかけたんですよ。あいつは、ケガばかりして(当時は関西1部リーグの)アルテリーヴォ和歌山でくすぶっていた。それで、実際に会って、話をして、雄一郎から『やりたい』という思いが伝わってきたし、俺も『(永井と)一緒にがんばりたいな』って思った。でも、チームに入れてあげたわけじゃなく、草津には永井雄一郎が必要だから来てもらったんです。

 最初、他の選手たちから(永井は)『怖い』と言われていた。そのとき、彼らには『永井は実績があるし、威圧感もあるけど、ビビってどうする。経験がある選手なんだから、いろいろと話を聞くべきだし、そのうえでライバルとして勝負して(永井に)勝たないといけない』という話をしました。

 実際、雄一郎はリーダーシップを執ってチームを引っ張り、若い選手たちに大きな影響を与えてくれた。16年ぶりに一緒に戦えて、俺はうれしかったですね」

 2016年7月にはゼネラルマネジャー補佐になり、チームのマネジメントにも参画した氏家。2018年1月、同職を退任し、現在は群馬県前橋市内に本社がある、福祉用具のレンタル・販売をしているソネット(株)に勤務している。

「Jリーグの舞台から去ったのは、中途半端なポジションでは仕事をやりたくないと思ったからです。草津では中間管理職みたいな役割で、クラブや上からの要求などを選手たちに伝えるだけ。そうじゃなくて、自ら結果を求められ、自分で責任を取れるポジション、たとえば監督とか、GMとか、そういう仕事をしたいと思ったんです。

 そのために一度、Jリーグから抜けて、まずはS級のライセンスを取ろうと。今の会社はそのライセンスを取らせてくれる環境にあるので、すごくありがたいです」


「黄金世代」で最初のJリーグ監督を目指す氏家

 2018年、氏家はS級コーチ認定講習を受け、2019年中には同ライセンスを取得できる予定だ。氏家がライセンスを取得すれば、「黄金世代」では初のS級保持者になり、「黄金世代」最初の監督になるチャンスも生まれる。

「『黄金世代』の中では、俺が一番先にJリーグの監督をやりたいですね」

 自らの野心を隠さない氏家は、そう言ってにやりと笑った。

 今は、日々会社の仕事でさまざまな人と会う。サッカーの話になると、「黄金世代ですね」と言われることも多いという。社長室付ゆえ、氏家と同世代、あるいは上の年代と付き合うことが多く、「黄金世代」はドンピシャでハマる。

「『黄金世代』って言われると、素直にうれしいですよ(笑)。でも俺は、結果的に決勝には出られたけど、何もしていないし、ただ(チームを)盛り上げただけ。ナイジェリアで開催されていなければ、メンバーに入っていなかったと思う。『黄金世代』だけど、それは俺じゃなくて『一緒にいたメンバーがすごいんだよ』って感じですね」

 それは、最初にチームに合流した時から変わらない感覚だった。

 あれから20年目の時を経て、氏家は今、ある思いに駆り立てられている。

「ワールドユースからもう20年なんですね。今考えても、あのメンバーはみんな、人間的にもすばらしかった。そういうメンバーだから、世界で勝てた。そして、(自分は)みんなと一緒だったから、誰もが味わえない経験ができたし、コーチになってからは、世界相手に勝ち続けた雰囲気を若い選手に伝えることができた。

 そんなすばらしいメンバーともう1回、チャリティーでも何でもいいので、一緒にサッカーをやりたいですね。(自分も)まだ、体が動くんで(笑)」

 それが、氏家が実現したい夢のひとつである。

(おわり)

氏家英行
うじいえ・ひでゆき/1979年2月23日生まれ。東京都出身。ゴールドジム前橋群馬内ソネットエリアーでフィットネスエリア責任者兼インストラクター勤務。2018年度日本サッカー協会公認指導者ライセンスS級合格。横浜フリューゲルスユース→横浜フリューゲルス→大宮アルディージャ→ザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)→図南SC群馬(現tonan前橋/群馬県社会人1部→関東1部)