行き過ぎた「ミント妻」が旦那を虐待して炎上

今年の春はさわやかな「ミントグリーン」の服が人気だ。そんな中、「ミントグリーン好き」が行き過ぎて過激な行動に走る美人妻のFacebookが炎上。「旦那が可哀想だ」などというネットユーザーからの批判が殺到した…。

こういったSNSの「行き過ぎたウケ狙い写真」は時に多くの人の反感を買い、炎上を招くケースもある。今回はそういった事例について考えてみたい。

なぜ彼女は炎上したのか?時系列に沿って追跡してみよう。

彼女の名前はエリナ。女子大生の頃には読者モデルとしてファッション雑誌に登場し、ミスコンに参加するなど、とにかく目立つ事が大好きだった。大学卒業後は商社に2年務め、イケメンで高収入の同僚と念願の結婚。「理想の夫」を手に入れた。

「世の中そんなに順風満帆なわけがないだろ」という読者のツッコミが入りそうだが、社会には本当にこういう人が存在したりするので、世の中の不公平さを感じざるを得ない。

ちなみに、エリナの夫はイケメンのハーフだ。大手商社に勤め、資産家の親を持つ彼との結婚は、エリナにとってまさに「理想」そのものだった。親から都内に豪邸を買ってもらい、クルマはプリウスのホワイトカラー。お金持ちで地球にも優しい。エリナの目立ちたがりな部分が多少鼻につく感じを除けば、二人の新婚は人もうらやむ優雅な生活だ。

そんな彼女の趣味は夫とのラブラブ生活をFacebookに投稿する事。元々目立ちたがりな彼女だが、イケメン夫を手に入れてからは拍車がかかりつつある。

例えばこの写真は澄ました顔で撮っているが、実際のところは死ぬほど勝ち誇ったドヤ顔で送信ボタンを押している。うらやましがられたくてしょうがないのだ。
皆さんのまわりにもこういう「自慢したがり」な人は居るのではないだろうか。

そんな幸せの絶頂にいるエリナだが、ひとつ気にかかることがあった。

それがこちら。大学時代にミスコンのライバルだった聖子だ。
今、彼女はラベンダー畑で有名な北海道の富良野に住んでいる。

富良野は交通標識から、交通安全を願う地蔵さんまでラベンダー色だ。

家すらラベンダーに塗る人もいる。

そんなラベンダーすぎる富良野に聖子は住んでいる。

聖子は大学を卒業後、就職した飲食関係の会社の同僚と結婚。聖子の夫はエリナの結婚相手とは違い、どちらかと言えば冴えない、派手な所も一切ないサラリーマンだ。収入だって人並み程度にしかない。

金持ちで目立ちたがり屋のエリナと、庶民派で地味な聖子。読者の皆さんもどちらかと言えばエリナより聖子の方を応援したくなるのではないだろうか。少なくとも私はそうだ。がんばれ!聖子!

そんな聖子を見て「勝った」とエリナはひそかにほくそ笑んでいたのである。何故ならエリナは、お金も豪邸もクルマも、イケメンの夫まで手に入れていたからだ。


しかし、状況は一変する。


Facebookの「いいね!」の数で、聖子に圧倒的に差をつけられていたのだ。

イケメンの夫と豪邸。
全てを手に入れたはずのエリナが聖子に負けた。

「はあ?なんで??」

納得がいかないエリナ。何故全てを手に入れたエリナが聖子に負けたのか?

そのヒントは、コメント欄にあった……