17日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で、TOKIO城島茂山口達也が、30年に7件発見されただけの「幻のカニ」を生け捕りする一幕があった。

番組では、「DASH海岸」を清掃していたスタッフがアクシデントに遭っていた。ある日、海岸でスタッフが胴長(胸当てから靴までが一体となったゴム製の衣服)の分厚いアキレス腱部分に、正体不明の動物から穴を空けられていたのだ。

その正体を探るべく、投網や小形定置網で生き物を捕まえることになった。すると小形定置網の中にハサミを広げた大きさが55センチあるカニが見つかる。

捕まえたノコギリガザミ(別名ドウマンガニ)は「幻のカニ」と呼ばれ、生息数が非常に少なく、太平洋沿岸の温暖な地域でまれに見つかるという。名産地として知られる浜名湖でもなかなか見つからず、高値で取引されるらしい。そして、その味は極上の甘みを誇るという。

東京湾でも過去30年で7件発見されたのみで、見つかると新聞に掲載されるほどの珍しさだとか。挟む力はおよそ1トンで、くるみを割ることもできる。

この捕まえたカニをどうするか。城島は「(海岸に)いたらいたで怖い気はするんですけど、元々この種は東京湾にいるんですよね。戻してあげるのが自然なんでしょうね」と生態系のバランスを守るため、海に戻すことにした。

城島は「アカエイも危険だみたいな話ありましたけど、まだまだ(危険な生物は)一杯いるんですね」と言い、危険なカニの発見に改めて驚いていた。

【関連記事】
TOKIO・山口達也がおびえる猿を後輩グループ・Hey! Say! JUMPに例える
TOKIO・城島茂がメンバーの助けを借りて高難度チャレンジに成功
「アウト×デラックス」で釣り初心者の高橋ひとみが超高級魚を釣り上げる奇跡