兵庫の病院で患者の肺がんを見落とし 病状が悪化し手術できない状態

ざっくり言うと

  • 兵庫県は、県立西宮病院で医師が患者の肺がんを見落としたと29日に発表した
  • 患者は2019年にがんと診断されたが、病状が悪化し手術できない状態だった
  • 2014年に外来対応した医師がCT検査の画像を見ずに気管支炎と診断したという

ランキング

x