トランスは8月7日、価値観と雇用傾向に関する調査結果を発表した。対象は20代〜50代の働く5808人で、インターネット上で実施した。その人が内向的か外交的か、感性的か論理的かなどの観点から、人を「伝道師タイプ」、「サポータータイプ」など8つに分類。価値観タイプと年収との関連を見ると、20代では、内省型かつ論理を重視する「専門家タイプ」が、30代では外向型かつ論理を重視する「指導者タイプ」が最も高年収だった。一方