19歳で日本を飛び出し、ドイツへと活躍の場を移した酒井高徳。28歳となったいま、その胸の中には、さまざまなことを経験したことによる「ある思い」が去来していた。それは「W(ダブル)」――。本人にとって初めての著書のタイトルにもなり、反響を呼んだその思いについて、紹介する。(JBpress)(※)本稿は『W〜人とはちがう、それでいい』(酒井高徳著、ワニブックス)の一部を抜粋・再編集したものです。[JBpressの今