常岡浩介氏のツイート

写真拡大

フリージャーナリストの常岡浩介氏が16日、自身のTwitterアカウントで「タブレット端末のパスワードを教えないと、壊すぞ、という脅迫」の電話が公安警察からあったと投稿した。

イスラム過激派組織「イスラム国」に外国人戦闘員として加わろうとしたとして、北海道大学の男子学生が警視庁公安部の捜索を受けた事件で、常岡氏はこの学生とともにシリア入りする予定だった。

常岡氏の東京・中野区の自宅も、6日に警視庁公安部から家宅捜索を受けているが、常岡氏は「取材妨害だ」と公安部の捜査を批判していた。

その常岡氏が16日になって「今、公安外事3課から自宅に電話」とTwitterに投稿し、警視庁公安部から電話があったと報告。

さらに、「タブレット端末のパスワードを教えないと、壊すぞ、という脅迫。当然、断りました。彼らはタブレットを破壊して中の情報を取り出すそうです」とツイートしている。


【関連記事】
「夜回り先生」水谷修氏が「イスラム国」戦闘参加計画北大生の「本気度」に疑問示す
宮根誠司氏がイスラム国の拡大を懸念 「冗談じゃないよ」
イスラム国は「ボウフラ」「退治すべき」、大学教授が生放送番組で発言