マーケティングリサーチを行うネオマーケティング(本社・東京都渋谷区)は1月31日から2月4日にかけて、モバイルデータ通信を週5日以上使用している全国の15歳〜59歳の男女400人を対象に「モバイルデータ通信事情」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。モバイルデータ通信の利用増加に伴い、7割以上のユーザーが「通信ストレス」を感じた経験があり、「通信速度制限なし」のWiMAXが乗り換え先候補として1位だった。

 所有するモバイルデータ通信に接続する機器の台数と接続時間について尋ねると、「ここ1年で増えた」との回答がそれぞれ53.5%、56.3%で、いずれも半数以上に達した。

 さらに、モバイルデータ通信利用時に、通信速度の低下によるストレスを「経験したことがある」と回答したユーザーは75.3%にのぼった。タブレット端末など、モバイルデータ通信を利用する機器の所有台数および通信時間の増加が、通信速度に対するストレスにも影響を与えていると推測される。

 次に、サービス別の利用満足度を尋ねると、現在利用しているモバイルデータ通信サービスに「満足している」ユーザーは57.7%にとどまった。「通信ストレス」の影響だろうか、「満足していない」と回答した人は42.3%だった。

 利用満足度がもっとも高かったのは「WiMAX」で、ユーザーの76.0%が「満足」と回答した。続いて利用満足度が高かったのは「イー・モバイル 4G」で54.0%、「Softbank 4G」が52.0%、もっとも低かったのは「docomo Xi」で49.0%だった。

 現在利用しているモバイルデータ通信サービスから他社サービスへの乗り換え意向を尋ねたところ、27.3%と約3割のユーザーが乗り換えを検討していることがわかった。

 具体的な乗り換え先の候補としては、49.5%のユーザーが「WiMAX」と回答し、もっとも人気が高かった。「イー・モバイル 4G」が37.6%、「Softbank 4G」が23.9%、「docomo Xi」が22.9%と続いた。

 乗り換え先候補を選択した理由については、各サービス共通で「利用料金の安さ」や「通信速度の速さ」が挙がった。乗り換え先候補1位の「WiMAX」では、「料金」に次いで「7GB/月の速度制限がない」という理由が多く、「速度制限なし」というサービスの独自性が評価されたようだ。 一方、「docomo Xi」と「Softbank 4G」では、「通信サービスエリアが広い」ことを理由に挙げた人が多かった。(編集担当:吉田太郎)