「ウェストゴムなし包帯パンツ」

写真拡大

ログイン(渋谷区)が2011年11月に発売した「ウェストゴムなし包帯パンツ」が、各種百貨店、スポーツ用品店で売れ行き好調となっている。販売開始から4か月で売り上げ枚数が1万枚を越え、2011年11月に先行発売していた日本橋三越では4週連続で紳士肌着部門の売り上げ1位を記録するなど、各所で反響を呼んでいるようだ。

包み込まれるような肌触り

ウェストゴムによる締め付けから、肌がかぶれたり、かゆくなったりするという問題をクリアしたのが「ウェストゴムなし包帯パンツ」だ。医療用の包帯の編み組織を改良した綿の新素材により、メッシュ素材のような通気性を実現し、一般的なアンダーウェアの約7倍もの通気性を誇る。肌側の綿素材が汗を吸い上げ、表面のポリエステルで汗を放出するという2層構造なので、汗が滞留せず、ベタつかない。

ゴムが無くてもズレ落ちない理由は、包帯の生地にある。表面が凸凹になっているので、着け心地を損なわず、優しく全体を包み込む自然なフィット感を実現し、ずり落ちない構造が完成した。

価格は、3675円〜4200円。