鈴木優香(東スポWeb)

写真拡大

 元AKB48の鈴木優香(21)が23日、自身のインスタグラムで芸能事務所所属を報告した。

 昨年9月にグループを卒業した鈴木は「この度、フレイヴエンターテインメントさんに所属させていただく事になりました」と、秋元才加、鈴木まりやら同グループOGが所属する事務所と契約したと発表した。

 鈴木は2019月10月にAKB48・チーム8の静岡県代表として加入した。「フリーアナウンサー宇垣美里似の美女」と話題となり、グラビアなどでも活躍した。しかし鈴木は21年4月、一部で男性との交際などが報じられると「心からお詫び申し上げます」と謝罪し活動を休止。7月30日に活動を再開したが9月19日にブログで卒業を発表。同27日に卒業公演を行った。

 グループ卒業の翌月には週刊FLASHのグラビアに登場しソロ活動をスタート。インタビューでは猜現嬲き瓩膨招發気譴榛櫃凌感や、騒動渦中のことについても赤裸々に告白していた。

 鈴木は、過去の騒動に触れ、後悔の思いを抱きつつ自責の念に駆られたという。「当時、自暴自棄になり、間違った方向へ流されそうになったこともありました。それでも、信用できる周囲の方々にアドバイスをいただきながら、少しずつ自分が思い描く未来が見えて来ました」と再出発への道を選択した。

「フレイヴエンターテインメントさんとご縁があり、また夢に向かって0から再出発したいと強く思いました」と意気込み、ファンに向けて「応援してくださっているファンの皆様に、もう一度信頼してもらえるよう、心機一転、精一杯頑張っていこうと思います。こんな私ですが、今後とも応援宜しくお願い致します」と決意をつづった。