(C)スポニチ

写真拡大

 19日、阪神競馬場で行われた11R・京都牝馬ステークス(G3・4歳上オープン・牝・芝1400m)で5番人気、岩田望来騎乗、ロータスランド(牝5・栗東・辻野泰之)が勝利した。1/2馬身差の2着に1番人気のスカイグルーヴ(牝5・美浦・木村哲也)、3着に2番人気のタンタラス(牝6・栗東・池添学)が入った。勝ちタイムは1:19.7(良)。

 3番人気で福永祐一騎乗、ギルデッドミラー(牝5・栗東・松永幹夫)は、6着敗退。

【ダイヤモンドS】テーオーロイヤルが4連勝で重賞初制覇

岩田望来騎手は初重賞制覇

 5番人気に支持された岩田望来騎乗、ロータスランドが重賞2勝目を飾った。スタートからスムーズに2番手を追走し、直線早め先頭から脚色衰えることなく押し切っての快勝。岩田望来騎手はこの勝利で嬉しい初重賞制覇となった。

ロータスランド 13戦6勝
(牝5・栗東・辻野泰之)
父:Point of Entry
母:Little Miss Muffet
母父:Scat Daddy
馬主:小林英一ホールディングス
生産者:Dr. Aaron Sones & Dr. Naoya Yoshida

【全着順】
1着 ロータスランド
2着 スカイグルーヴ
3着 タンタラス
4着 シゲルピンクルビー
5着 サンクテュエール
6着 ギルデッドミラー
7着 プールヴィル
8着 ドナウデルタ
9着 コロラトゥーレ
10着 オールアットワンス
11着 アスタールビー
12着 ジュランビル
13着 アクアミラビリス
14着 メイショウケイメイ
15着 クリスティ
16着 クリノプレミアム
17着 ビップウインク
(競走中止)ビッククインバイオ