2021年夏に「TENGAロケット」打ち上げ、堀江貴文氏の宇宙事業との共同プロジェクト

TENGAは1月26日、インターステラテクノロジズとの共同プロジェクト「TENGAロケット」を発表しました。「TENGAロケット」は北海道大樹町にて2021年夏頃の打ち上げを予定しています。

インターステラテクノロジズは実業家の堀江貴文氏らが創業した宇宙事業の企業で、民間企業単独開発の宇宙到達ロケットの開発に成功しています。今回のプロジェクトで利用する観測ロケット「MOMO」は高度100kmの宇宙空間を経て海に着水するタイプの機体です。

「TENGA ROCKET PROJECT」は下記の3つのミッションを実行予定です。

―犬瓩1000人分の想い・願いをTENGA型メッセージPODに入れて宇宙に届ける

TENGAロボがロケットに搭乗し、宇宙空間から地球へ帰還する

7彗用のTENGAをロケットに搭載し、「宇宙用TENGA」の開発をスタートする

△TENGAロボの放出と回収のミッションが達成すれば、「TENGAロケット」は国内の民間初となる「宇宙空間へのペイロード(荷物)放出と回収」を行ったロケットとなります。

クラウドファンディングサイトのCAMPFIREにて、寄せ書きへの参加や記念品のバックが得られるプロジェクトを実施予定です。

TENGA社長の松本光一氏は元々宇宙に対するあこがれがあったとのことで、宇宙用のTENGAを開発して宇宙ステーションで利用してもらいたいと意気込みを語りました。

発表会に出席した堀江貴文氏プロジェクト実施の経緯と意気込みを下記のようにコメントしました。

「TENGA社長の松本さんと知り合いになってから年末に『お典雅』をいただくなどの交流がありました。ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんの番組に2人が出演した際に『TENGAロケットを作ってみませんか?』と提案したことがきっかけでトントン拍子にプロジェクトが進みました。当初は2020年に発射する予定でしたが、新型コロナの影響もあって今年2021年の実施となりました。

非常に今回はチャレンジングな試みで、インターステラテクノロジズで初めての宇宙空間でのペイロードを実施します。これまでは宇宙に行ってそのまま機体が海に落ちるオペレーションでしたが、今回は先端部を開いてTENGAロボを射出します。 

ペイロードのミッションができるようになることで高度100−200kmの空間を観測したり、そこで実験ができるようになる。開発チームは頑張ってるんですけれども、確実性などを担保して今回の打ち上げを成功できればとおもっています」

 

Source:TENGAロケット、TENGAロケットを一緒に宇宙へ飛ばそう!「TENGA宇宙隊員募集」(CAMPFIRE)

外部サイト

「TENGA」をもっと詳しく

  • 水ダウのクイズ企画で「TENGA」井上咲楽の回答に視聴者が騒然
  • 出会いは「マッチングアプリ」に移行 コロナ禍の恋愛と性
  • TENGAロケットを一緒に宇宙へ「TENGA宇宙隊員募集」を開始