岡山県倉敷市の私立大に通っていた岡山市の20歳代の女性が22日、男性学科長から嫌がらせを受けたとして、大学を運営する学校法人「作陽学園」(倉敷市)と学科長に慰謝料など約1000万円の損害賠償を求めて岡山地裁に提訴した。

 訴状などによると、女性は2014年、くらしき作陽大の食文化学部栄養学科に入学し、4年時の17年4月から学科長が教授を務めるゼミに参加。就職活動のため、学科長が勧める管理栄養士の国家資格受験をしなかった。その後、学科長から授業中に「社会で通用しない」と批判されたり、質問しても無視されたりし、体調を崩したと訴えている。

 また、大手外食企業への就職が決まったものの、学科長が授業を担当する卒業に必要な必修科目の試験を3回連続で不合格とされて18年春に留年し、内定が取り消された。女性は答案用紙の開示を求めたが、いずれも廃棄処分されていた。

 女性側は「教授の立場を利用した嫌がらせにあたる」とし、「裁量を逸脱、乱用し、恣意しい的に留年させられた」と主張している。

 女性は18年9月に卒業し、別の企業に就職。今年1月に民事調停を簡裁に申し立て、学園から答案用紙の廃棄を謝罪し、50万円を支払う和解案が示されたが、不調に終わった。学園は「訴状が届いておらず、コメントできない」としている。