「生きながら人生の墓場に入った」厚生労働省の若手から悲痛な声

ざっくり言うと

  • 厚労省の若手が、働き方に関する調査を職員2000人以上に対して実施した
  • 現在の仕事量について「非常に多い」「多い」との回答が65%に達した
  • 「生きながら人生の墓場に入った」などと悲痛な声も寄せられたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング