エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

写真拡大

6月8日の初対決では3者連発となる6号ソロを放つなど3打数2安打だった大谷

エンゼルス - マリナーズ(日本時間15日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で8試合連続でスタメン出場した。マリナーズは菊池雄星投手が先発。今季2度目の対戦となった“花巻東対決”の第1打席は四球、第2打席は空振り三振だった。

 6月8日(同9日)に実現したメジャー初対決では大谷が第1打席に二塁内野安打を放ち、第3打席では左中間へ6号ソロ。ラステラ、トラウトに続く衝撃の3者連続本塁打を放ち、菊池は4回途中7失点でノックアウトされていた。

 注目の2度目の対戦。第1打席はフルカウントからの7球目の外角へ外れるスライダーを見極めて、大谷が四球を選んだ。これで大谷は10試合連続出塁となった。第2打席は3回1死走者なしで打席へ。2ボール2ストライクからの6球目、菊池が投じた外角低めのスライダーに大谷のバットは空を切り、空振り三振に終わった。菊池は3回までエンゼルス打線をカルフーンのソロによる1点のみに封じている。

 6月を打率.340、自身の月間最多を更新する9本塁打22打点と好成績で駆け抜けた大谷。7月に入っても好調を維持し、後半戦初戦となった12日(同13日)のマリナーズ戦まで8試合連続安打としていた。前日13日(同14日)の試合では苦手としているルブランに苦戦し、9試合ぶりの無安打に終わっていた。

 今季、ここまでの大谷は205打数61安打の打率.298、14本塁打38打点となっていた。(Full-Count編集部)