スマホの買い替え、今後は2年がおトクになる! 各社の「下取り=残債免除」サービスの違い比較する

写真拡大 (全4枚)

最近、スマートフォンの買い替え時に「下取り」を活用している人が増えてきました。

従来の携帯電話会社が行う下取りサービスでは、
・下取り価格はそのまま次に買う機種の割引になる
こうした方法が多かったわけです。

ところが最近では、
・「残っている分割払いを免除する」
こうした方式が採用されています。
ここに注目が集まっているのです。

例えばスマートフォンを48回払いで購入した場合、
・2年間使ってから下取りに出すと、残りの24回分の支払いが免除される
このため、次の機種を買う際に、以前のように分割払いが二重になることがありません。

この方法は、下取りというよりは、自動車などでお馴染みになった「残価設定ローン」に近い仕組みとも言えます。

スマートフォン本体が10万円を超えることも珍しくなくなった現在において
・一括で買うには価格が高い
・24回払いで買うと毎月の料金が高くなる
・48回など、長期の分割で買うと買い替えが遠くなる
こういったデメリットを解消できる、画期的な仕組みともいえます。

携帯電話の大手三社はそれぞれ、残債を免除するサービスを提供しています。
とはいえ、それぞれのサービス内容は違いがあります。

今回は、各社の「残債を免除」の違いについて解説していきます。


○NTTドコモ - 36回払いの12回を免除



NTTドコモでは「スマホおかえプログラム」として提供しています。
ほかの二社とは違い「36回払いのうち、12回を免除する」
・分割払いの期間が短い
・免除される期間も短い
これが特徴と言えます。

また、NTTドコモを解約した後でも対象のスマホをドコモショップへ持っていけば12回の支払い免除が受けられる点も大きな違いです。

分割支払いが残っていても携帯電話を解約、他社へのりかえなどは可能ですが、その場合は残った分割払いを払い終えるまで、毎月支払う義務があります。
しかしNTTドコモのスマホおかえしプログラムであれば、解約後も使っていたスマホをドコモショップへ持っていけば36回のうち12回分の支払いが免除されるため、他社へののりかえのハードルが低くなるメリットも用意されています。


○au - 48回払いの24回、24回払いの12回を免除



auでは「アップグレードプログラムEX」と「アップグレードプログラムEX(a)」の2種類を提供しています。

アップグレードプログラムEX … 48回払いのうち、24回を免除
アップグレードプログラムEX(a) … 24回払いのうち、12回を免除
このような違いがあります。
購入時の支払い回数に応じ加入できるものが変わってきます。

48回払いのうち、24回を免除する「アップグレードプログラムEX」は対象機種の制限はないものの、月額390円が発生する点にも注意が必要です。
また、24回払いのうち、12回を免除する「アップグレードプログラムEX(a)」の対象機種は、現時点でiPhoneのみに限定されます。

さらに注意点として
・次に機種変更を行う際に半額免除を利用できる
・auを解約するなど、機種変更が伴わない場合は免除とならない
こうした制限があることも覚えておきましょう。


○SoftBank - 48回払いの24回、24回払いの12回を免除



SoftBankでは「半額サポート」の名称で提供しています。

48回払いで購入すれば24回を、24回払いで購入すれば12回を免除するサービスです。
支払い回数に応じサービス名称が異なるといったことはありません。
また、月額料金も発生しません。

半額免除の条件として、SoftBankで次の機種を買わなければならないのはau同様です。
そのため、SoftBankを解約してしまうと半額免除されません。


三社の中ではNTTドコモのみが
・36回払いのうちの12回を免除(総額の1/3を免除)
・次の機種変更を条件に免除するといった仕組みがない
こうした特徴を備えており、
・他社へのりかえる
・SIMフリースマートフォンや中古スマートフォンにSIMカードを差し替える
こうした利用が可能になります。
つまり、
今利用しているモデルが不要になったタイミングで、残りの支払いの免除申請ができるのが他社にない強み、お得度となりそうです。


一方、au、SoftBankのメリットは
・48回のうちの24回、24回のうちの12回(総額の1/2を免除)
このようにNTTドコモよりも、免除される金額が大きいことがメリットと言えます。

とくに最近の携帯電話の料金は
「家族で同じ会社を利用する」
「インターネット回線とセット割で利用する」
このように他社への乗り換えがしづらい、大きな割引を利用しているケースも多くなってきています。
つまり、同じ会社を継続して利用するのであれば、au、SoftBankの「残債を免除」の方がお買得とも言えます。

現在、携帯電話の買い替えサイクルは「3年以上で買い替え」が最も多くなっていると言われています。

しかし、どの会社であっても2年使えば残りの支払いを免除する仕組みが揃ったこと、今後は2年毎に買い替えていく方が、お買得に利用できる。
このことは知っておいた方がいいでしょう。

今後携帯電話の購入時、こうした「分割の残りを免除するサービス」については必ず案内があるはずです。購入から2年も経つ頃には忘れてしまいそうですが、加入していれば使わないのは損です。


執筆 迎 悟